芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(20)撮影協力を強く拒んだ国鉄

20150129k

「新幹線大爆破? そんな映画には協力できない」

 それが国鉄(現JR)の回答だった。日本の先進技術の結晶である新幹線が、そんなタイトルの映画のためにイメージダウンさせられてはかなわない。まして、模倣犯が出現しようものなら──というのが国鉄側の見解である。

 関根は、過去の映画の撮影時を思い起こしながら、途方に暮れた。

「三國連太郎さんが主演で、健さんも出た『大いなる旅路』(60年、東映)の頃は、国鉄とは蜜月だったんですよ。冒頭で貨物列車が転覆するという重要なシーンに、本物の車両を出してくれましたから」

 東映サイドも妥協案を出した。タイトルから新幹線を外して「爆破魔を追え!」に変えてはどうかというもの。ただし、これには岡田社長のほうがOKを出さず、何としても「新幹線大爆破」でいけと号令。交渉は決裂し、条件つきの撮影を強いられることになる。

 本作に助監督で参加した岡本明久が振り返る。

「新幹線の車内も、駅のホームもすべてセットで作らざるを得なかった。中でも困ったのは新幹線の指令室で、どういう構造なのか、情報を集めるのが大変でした」

 岡本は「網走番外地」(65年、東映)や「昭和残侠伝」(65年、東映)など、多くの高倉主演作に参加している。高倉を中心に和気あいあいとした空気は、本作においても変わらなかった。

「スタッフでも装飾とか特殊機械とか、そうした縁の下の人たちにもプレゼントをされるような気配りの人」

 高倉が演じたのは、経営難で倒産する町工場の社長の役。背中に唐獅子牡丹がうなることもなく、池部良と“道行き”で敵陣に乗り込むこともない。当時の世相を反映した、悲哀がにじむ役だったと岡本は言う。

「同じ犯人グループには(山本圭扮する)元過激派もいたし、健さんの中小企業の社長というのも時代感覚に合っていた」

 一方で脚本の小野は、高倉を迎えたことによって大幅な軌道修正をする。当初、犯人役に大物スターの予定はなく、宇津井健ら国鉄側や、警察の捜査の面から描くはずだった。

「健さんを使うわけだから、シナリオにも“複眼”が必要になってきた。なぜ、犯行に至ったのかという犯人側のそれぞれの背景を書き足して、そのぶん、映画の流れを寸断しないだろうかと思ったよ」

 当時の日本映画としては異例の2時間30分という長尺になった。ただし、犯人側の心理と、次々と起こるトラブルで乗客がパニックに陥るさまがテンポよく描かれ、小野の心配は杞憂に終わった。

 前述のように国鉄の協力がなかったことで、俳優までもがスタッフの準備に加勢する現場だったと岡本は言う。

「それこそ健さんを筆頭に一丸となって作った映画。今までの東映にない、新たな流れの映画を作ったという自負がありましたよ」

 大ヒットは確実‥‥と誰もが思った。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
4
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
5
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!