芸能

四十路アナ9人「艶フェロモン現場」をバラす!(4)『ワイドナショー』でバレたフジ・佐々木恭子のプライベート

 かつて女子アナ王国の名をほしいままにしていたフジテレビからは、佐々木恭子アナ(45)がエントリー。

「昨年7月には、出演する『ワイドナショー』での“しなくなってからが夫婦”といった松本人志のコメントに激しく反応し、はからずも“ごぶさた”ぶりがバレてしまったこともありました」(アイドルライター)

 だが、その既婚女性ならではの背徳の色香をひそかにウオッチしている局員も少なくないとか。フジテレビ関係者が興奮気味に語る。

「直近の『ワイドナショー』でも、決してピチピチではないのに、ライムグリーンの衣装の下から真ん丸い完熟バストが激しく主張していましたし、程よくムチムチして触り心地のよさそうな二の腕といい、どこをとっても熟れ頃、食べ頃だと思うんですが」

 現在は産休中という立場ながら、同僚社員から真っ先に名前が挙がったのが、TBSの小倉弘子アナ(43)だ。

「今年1月に第三子を出産したのですが、直前の12月まで仕事をしていました。母乳のせいでしょうね。めちゃくちゃ大きくなってましたよ」(TBS関係者)

 身長174センチというモデル体型も手伝って、妊娠中のロケット乳が強調されてしまったというのもご愛嬌か。

「ニュース番組の進行などには、あまりブカブカの衣装で出るわけにもいかないから、おなかが大きくなるにつれて、必然的にある程度伸縮性のある衣装になる。そうすると、もともと身長が高くモデル体型の小倉アナだけに、ずっしりと重量感が増したバストの膨らみがおなか以上に目立つんですよ。はっきり言って“目の毒”でしたね」(TBS関係者)

 そして今年最大の放送事故と評判になったのが、徳永と局アナ時代に同期だった上山千穂アナ(42)。丸山氏が解説する。

「テレ朝アナの王道ともいえる清楚系の才媛で、現在は『スーパーJチャンネル』の土曜版メインキャスターとして活躍しています。硬派な番組を担当しているのに、たまにかなり際どいミニスカで、スラリとした脚線美を披露してくれたりもするところがすばらしい」

 切れ長の目をしたクールビューティーな上山アナは、17年6月に弁護士男性と入籍。その新妻ボディが衆人環視のもとにさらされるハプニングが起きていた。

「6月2日放送の『Jチャンネル』でのことです。彼女は胸元に深めの切れ込みが入った淡いブルーのブラウスを着ていました。深々とあいさつのおじぎをした瞬間、胸の谷間がバッチリ見えたんです。ネット上でも『千穂の谷間エロすぎだろ!』などと騒がれました」(アイドルライター)

 真面目だった女子アナも、年齢を重ねるごとに無防備になるというもの。その活躍とともに、我々を楽しませてくれるハプニングにも期待したいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由