芸能

四十路アナ9人「艶フェロモン現場」をバラす!(3)フリー転身で開放的になった馬場典子

 そして地味な局アナ時代から一転して、サービスカットが急増したともっぱらなのが、日本テレビを14年に退職した馬場典子(44)である。それもそのはず、女子アナ時代は、

「オンエアチェックでもスカートの奥や胸が見えないか確認するほどの潔癖性。立ち上がる際にはスカートの隙間に自分の手を添えて見えないようにするなど、鉄壁のディフェンスでした」(日本テレビ関係者)

 ところが、オンエアチェックもままならない生放送の出演が続くと、もはやその辺りを気にしなくなってしまったようだ。

「前かがみでシャツの裾から胸チラしたり、ミニスカートでパンチラしたり‥‥品のいいルックスの美女だけに興奮度も倍増でした。最近は、NHKの『あさイチ』にレギュラー出演したり、著書を出版したり、大阪芸術大学で放送学科の教授に就任したりと、堅めの仕事を増やしているようで、露出度高めの衣装は減ったようです。でも、情報ワイド番組『ゴゴスマ』(TBS系)のパネル解説時などに、小ぶりながら形のいい“横乳”をアングルバッチリに撮られたりと、無自覚なフェロモンを抑えきれていません」(アイドルライター)

 いまだ浮いた噂も聞こえてこないが、モテ女の面目躍如といったところか。

 くしくも馬場アナの1つ先輩で元ミス日本の肩書も納得なのが、日本テレビの森富美アナ(44)。そのクールビューティーぶりはつとに有名だが、素顔はまったくの正反対だった。

「ダンナさんもテレビマンで、小学生のお子さんがいる森アナはここ数年、8時頃に出社し『スッキリ』から『ヒルナンデス!』までのニュースコーナーを一手に引き受けて、夕方には帰宅するのがルーティンです。そんな家庭第一の生活にもかかわらず、憧れる年下男性スタッフは数多い。理由の一つが、ふとした時にポロッと飛び出す関西弁なんです」(日本テレビ関係者)

 実は森アナは大阪府出身で、プライベートではいまだに関西弁が抜けきらないのだ。公私を分け、職場では極力、標準語で話しているというが‥‥。

「会話の途中でこっちが小ボケを入れた時に、ボディタッチして『なんでやねん!』ってツッコミを入れてくるんです。“完璧美人”から一気に『かわいい人だな』って思ってしまいますよ。こういう時の関西弁の破壊力はすごい」(30代ディレクター)

 実際にやられたら、ギャップでメロメロになったあげく、「スキナンデス!」と暴走してしまいそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も