社会

2019年「平成後」の大異変<医療・健康編>代理出産ビジネスで「アフリカ母」の需要が増大

 18年は本庶佑京大名誉教授のガン治療薬「オプジーボ」がノーベル医学生理学賞を受賞するなど、世界に先駆ける日本の医療技術が話題となった。今年はガン治療がさらに飛躍的な進歩を遂げることになりそうだ。

 その名も「ガンの光免疫療法」。ガン患部に薬(IR700)を注射し、その後、その細胞膜に近赤外光を当てるだけという画期的治療法だ。医療ジャーナリストの谷川渓氏が説明する。

「この療法は12年1月、オバマ前米大統領の一般教書演説で重要政策に位置づけられて以降、米国の偉大な研究成果と世界に猛アピールされてきた。研究も急ピッチで進んでいるのです」

 そして、この療法の発明者が米国立衛生研究所主任研究員の小林久隆氏なのだ。18年からは、日本の国立がん研究センターで臨床試験が開始された。

 米国で発表されたデータによれば、他の治療法が効かずに再発したガン患者15人のうち14人は、腫瘍の大きさが30%以上縮小し、7人は腫瘍が完全に消えたという。これに先立つマウスの実験では、ガンを患ったマウスの8割が完治、しかも副作用ゼロだった。

 さらに、昨年にはベンチャー企業の楽天アスピリアン社が1億5000万ドルを投資し、今年度中に認可が下りる可能性もあるのだ。

「小林氏のノーベル賞受賞もささやかれています」(谷川氏)

 さて、少子化問題にあえぐ日本に「代理出産ビジネス」が本格上陸すると言われている。

「水面下では海外の『代理母』に子供を産ませる日本人はここ数年で急増しています。不妊治療がなかなか実を結ばない高齢夫婦はもちろん、LGBTのカップルなどニーズはさまざま。ゲイの息子を持つ母親が『孫の顔が見たい』という理由で、代理出産のエージェントに依頼したケースもある」(医学誌関係者)

 4年前、日本人実業家が、タイで19人の子供を代理母に出産させていたことが発覚。世界に衝撃が走ったが、気になる費用は1人につき100万円程度だった。

「この事件後、タイやカンボジアなどの東南アジア各国で代理出産を禁止する法律が成立しました。もちろん米国でも代理母ビジネスはありますが、コストが1000万円と高額なため、安価な代理母を求めて、アフリカにシフトする動きが加速しています。日本に売り込みをかけるエージェントは『アフリカの代理母はアメリカの半分の費用』と売り込みをかけている」(医学誌関係者)

 最後はオヤジ世代の救世主。第4のED薬「ステンドラ」が国内承認薬となる予定だ。

「最大の特徴は即効性。これまでの最短はバイアグラの30分でしたが、ステンドラは飲んだら15分で効果が現れます。また、他のED薬のように食事や飲酒の影響を受けないのも特徴です」(薬剤師)

 悩める男性の股間に春が来る!

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚