芸能

山本譲二、保釈された新井浩文被告に「何かやりそうな顔」発言で批判殺到!

 歌手の山本譲二が2月28日に放送された「バイキング」(フジテレビ系)に出演。前日夜に保釈された俳優の新井浩文被告に対してのコメントが、偏見に満ちていて差別的であったとネット上で物議を醸している。

 派遣型マッサージ店の女性従業員への性的暴行で2月1日に逮捕され、21日に起訴された新井被告。保釈請求が東京地裁に認められ、27日の夜に関係者が運転する車で警視庁を後にした新井被告が後部座席でうつむく姿は印象的だった。

「ところが、山本は『申し訳ないけど新井被告を知らない』と前置きしたうえで『何かやりそうな顔してんだよね』と語ってスタジオをドン引きさせたんです」(芸能ライター)

 これにはさすがにMCの坂上忍も苦笑い。

「時にはMCという立場ながら暴走気味にコメントすることも多い坂上もさすがに、真っ青でしたからね。『人相的にはほんと悪役とかアクの強い役が合うんですけど』と、フォローする側に回らざるを得ないほど。するとさらに、山本は『だからすごくこの写真が似合っているんだね』と後部座席でうなだれる新井被告の写真についても言及。これに坂上も『結果的にそういうふうに取られちゃう場合もあると思う』と切り返すのが精一杯でした」(前出・芸能ライター)

 ネット上でも「さすがに顔の印象だけで何かやりそうって決めつけるのはコメンテーター失格だろ」「新井被告のやったことは許さないけど、顔は関係ないだろ」と、山本の暴言に眉をひそめる意見が多数を占めている。

 ところが、山本の暴言はこれだけでは終わらなかった。

「美術モデルの女性が京都造形芸術大学の講義で性的ハラスメントを受けたと主張した件についても、山本は、その現場が、一糸まとわぬ姿で人前で立ったり寝転んだりする場面であることを確認したうえで、『どうしてそういう職業を選んだのかオレはわからない』と、唐突に職業差別的なコメントを始めたんです。坂上は『美術モデルも立派な仕事です』と、またもフォローしましたが、山本は手でお金のサインを作りながら『これがいいのかな?』と暴走を続けたんです」(前出・芸能誌ライター)

 この点でもネットは山本を批判する風向きに。「職業差別意識がひどすぎる」「これは謝罪させたほうがよいのでは?」「発言したらどんな反応されるのか。想像できなくなってるのかな?老害としか言い様がない」などの意見があがっている。

「山本は、自分が差別的な発言をしているという自覚も乏しそうですし、差別発言をすることが悪いと思ってないフシが見受けられますね。芸能人に限らず政治家や著名人のこうした失言や暴言がこれほど問題視されている今の時代に、これだけ平然と前時代的な暴言連発では、テレビに出続けるのは危険かもしれません」(ITライター)

 山本譲二もすでに大御所と言われるようなポジション。誰も彼に対して忠告できる人がいないのだとしたら、山本自身にとっても不幸なことなのかもしれない。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに