芸能

新「相棒」の本当の目玉は成宮寛貴の復帰ではなくアノ人の登場だった!?

 放送開始から20年目に突入した水谷豊主演の「相棒シーズン18」(テレビ朝日系)が10月9日からスタートした。テレビ朝日開局60周年記念スペシャルとして放送された拡大スペシャルは、仲間由紀恵はじめ、“2時間ドラマの帝王”船越英一郎がゲスト出演するなど、スペシャルにふさわしい豪華な顔ぶれで、番組平均視聴率も16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と貫禄の滑り出しだ。

「相棒」の目玉と言えば、今月2日にNEWSポストセブンが「成宮寛貴、『相棒』で俳優活動再開決定 水谷豊の働きかけも」というタイトルで、芸能界を引退した成宮寛貴氏が、同ドラマで芸能界に復帰することが決まった、と報じたことが大きな話題になった。

 復帰に大喜びのファンの多さを目の当たりにしたのか、真っ先にこれを否定したのが「相棒」の脚本を手がける輿水泰弘氏。ツイッターで〈もはや風物詩のようなものだから、いちいち反応するつもりなかったけど、このフェイクニュースは看過できない。素直に信じて喜びのリプつけてる人、大勢いるし……〉と全否定した。さらに成宮氏もこの記事に関しツイッターで〈ニュースにしていただいてありがたいなと思いながら、あれはフェイクニュースです〉と記した。

「少なくとも成宮氏の『相棒』での復帰はまったくのデマということです。実は目玉となるスペシャルゲストとして検討されているのは水谷さんの奥さんの伊藤蘭さんなんです」

 と言うのはスポーツ紙記者だ。8日発売の女性自身も「20年目の『相棒』共演は妻伊藤蘭」と報じている。同誌によれば、伊藤の出演依頼を水谷にも相談しているという。

「夫婦が共演したのは13年の映画『少年H』以来ありませんからね。来年3月、今シーズン最終回のゲスト出演へ向けて交渉しているそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 だが、「サプライズはもう一つある」と明かすのはテレビ誌ライターだ。

「初回は北海道ロケでしたが、東京に戻ってからのサプライズが仕事帰りに立ちよる『花の里』です。2代目の鈴木杏樹の後を誰が継ぐのか、あるいは女将ではなくマスターになるのか。それが隠し玉となります」

 事件の謎解き同様、さりげなくサプライズを用意してくれるあたりは、さすが王者の手腕といえる。

(宮本エミ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!