芸能

新「相棒」の本当の目玉は成宮寛貴の復帰ではなくアノ人の登場だった!?

 放送開始から20年目に突入した水谷豊主演の「相棒シーズン18」(テレビ朝日系)が10月9日からスタートした。テレビ朝日開局60周年記念スペシャルとして放送された拡大スペシャルは、仲間由紀恵はじめ、“2時間ドラマの帝王”船越英一郎がゲスト出演するなど、スペシャルにふさわしい豪華な顔ぶれで、番組平均視聴率も16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と貫禄の滑り出しだ。

「相棒」の目玉と言えば、今月2日にNEWSポストセブンが「成宮寛貴、『相棒』で俳優活動再開決定 水谷豊の働きかけも」というタイトルで、芸能界を引退した成宮寛貴氏が、同ドラマで芸能界に復帰することが決まった、と報じたことが大きな話題になった。

 復帰に大喜びのファンの多さを目の当たりにしたのか、真っ先にこれを否定したのが「相棒」の脚本を手がける輿水泰弘氏。ツイッターで〈もはや風物詩のようなものだから、いちいち反応するつもりなかったけど、このフェイクニュースは看過できない。素直に信じて喜びのリプつけてる人、大勢いるし……〉と全否定した。さらに成宮氏もこの記事に関しツイッターで〈ニュースにしていただいてありがたいなと思いながら、あれはフェイクニュースです〉と記した。

「少なくとも成宮氏の『相棒』での復帰はまったくのデマということです。実は目玉となるスペシャルゲストとして検討されているのは水谷さんの奥さんの伊藤蘭さんなんです」

 と言うのはスポーツ紙記者だ。8日発売の女性自身も「20年目の『相棒』共演は妻伊藤蘭」と報じている。同誌によれば、伊藤の出演依頼を水谷にも相談しているという。

「夫婦が共演したのは13年の映画『少年H』以来ありませんからね。来年3月、今シーズン最終回のゲスト出演へ向けて交渉しているそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 だが、「サプライズはもう一つある」と明かすのはテレビ誌ライターだ。

「初回は北海道ロケでしたが、東京に戻ってからのサプライズが仕事帰りに立ちよる『花の里』です。2代目の鈴木杏樹の後を誰が継ぐのか、あるいは女将ではなくマスターになるのか。それが隠し玉となります」

 事件の謎解き同様、さりげなくサプライズを用意してくれるあたりは、さすが王者の手腕といえる。

(宮本エミ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手