芸能

「同期のサクラ」視聴率上昇の背景に高畑充希“むっつり好色”底力があった!

「いい、ヒジョーにいい」

 作中の決めゼリフよろしく、日本テレビ局内は沸いている。同局のドラマ「同期のサクラ」がジワジワと視聴率を上げているためだ。第4回以降は2ケタをキープ。各局秋ドラマの視聴率が伸び悩んでいるだけに、異例の人気獲得と言える。

 その「同期のサクラ」は故郷の「美咲島」と本土との間に橋を架ける、そんな大きな夢を抱いて大手ゼネコンに入社した主人公と同期たちの10年間の絆を描いた作品。そのストーリーもさることながら、好評の原動力となっているのは、主演女優の高畑充希(27)だ。

「メガネをかけた地味な風貌のうえに、バカ正直すぎて融通が利かない、ちょっとヘンな娘を演じています。ふだんは無感情なのに、夢のため、そして仲間と信じた同期のためには、時に感情を爆発させることも。このギャップがジワリと視聴者の心をつかんでいるのです」(ドラマウォッチャー)

 高畑に心をわしづかみにされているのは、何も視聴者だけではない。ドラマ関係者がこう話す。

「彼女は人との距離感を詰めるのが苦手で、ハキハキと受け答えをするのに、話している最中、相手の目を見て話せないという一面もあるんです。人見知りだから、共演者やスタッフと打ち解けるのは撮影終盤になってから、なんてことも珍しくない。でも、撮影になると表情が一変し、プロとして仕事を遂行してくれるから、現場で悪い評判を聞かないですね。みんな、『マジメでいい子だ』と口をそろえます」

 現場ではスタッフの心もガッチリとつかんでいるのだ。そんな人見知りがゆえの行動が、時に男性スタッフをトリコにしてしまう。

「最初の頃、高畑さんは目を合わせてくれないので、話をする機会があっても、その間ずっと視線が泳いでいて、こっちの股の間あたりに目が行っている時も‥‥」(男性スタッフ) 

 高視聴率と制作チームの士気高揚を支える高畑。その意外にも「むっつりスケベ」な素顔を、11月19日発売の「週刊アサヒ芸能」(11月28日号)が詳細にレポートしている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大野智、39歳「誕生祭」は国交省も祝福する前代未聞の大盛り上がりだった!
2
深田恭子、加藤綾子…芸能人「いい夫婦の日」に続く年末年始婚ラッシュ予測!
3
大迷惑!「モトカレマニア」出演の矢田亜希子にまで及ぶ沢尻エリカ逮捕“余波”
4
2019年の「やらかし美女」が決定!下腹部見せの不貞女子アナが奇跡の戴冠
5
今回はお預け?氷川きよし、NHK紅白で“キャラ変”披露はナシ説の納得理由