芸能

「同期のサクラ」視聴率上昇の背景に高畑充希“むっつり好色”底力があった!

「いい、ヒジョーにいい」

 作中の決めゼリフよろしく、日本テレビ局内は沸いている。同局のドラマ「同期のサクラ」がジワジワと視聴率を上げているためだ。第4回以降は2ケタをキープ。各局秋ドラマの視聴率が伸び悩んでいるだけに、異例の人気獲得と言える。

 その「同期のサクラ」は故郷の「美咲島」と本土との間に橋を架ける、そんな大きな夢を抱いて大手ゼネコンに入社した主人公と同期たちの10年間の絆を描いた作品。そのストーリーもさることながら、好評の原動力となっているのは、主演女優の高畑充希(27)だ。

「メガネをかけた地味な風貌のうえに、バカ正直すぎて融通が利かない、ちょっとヘンな娘を演じています。ふだんは無感情なのに、夢のため、そして仲間と信じた同期のためには、時に感情を爆発させることも。このギャップがジワリと視聴者の心をつかんでいるのです」(ドラマウォッチャー)

 高畑に心をわしづかみにされているのは、何も視聴者だけではない。ドラマ関係者がこう話す。

「彼女は人との距離感を詰めるのが苦手で、ハキハキと受け答えをするのに、話している最中、相手の目を見て話せないという一面もあるんです。人見知りだから、共演者やスタッフと打ち解けるのは撮影終盤になってから、なんてことも珍しくない。でも、撮影になると表情が一変し、プロとして仕事を遂行してくれるから、現場で悪い評判を聞かないですね。みんな、『マジメでいい子だ』と口をそろえます」

 現場ではスタッフの心もガッチリとつかんでいるのだ。そんな人見知りがゆえの行動が、時に男性スタッフをトリコにしてしまう。

「最初の頃、高畑さんは目を合わせてくれないので、話をする機会があっても、その間ずっと視線が泳いでいて、こっちの股の間あたりに目が行っている時も‥‥」(男性スタッフ) 

 高視聴率と制作チームの士気高揚を支える高畑。その意外にも「むっつりスケベ」な素顔を、11月19日発売の「週刊アサヒ芸能」(11月28日号)が詳細にレポートしている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?