芸能

田中美佐子も池波志乃も妖艶脱ぎ…あの名女優「ホラー・猟奇」場面が蘇る!

 生きる情動と死の衝動が切り離せない関係であることからも、恐怖映画の妖艶な要素はもはや必然と言えるだろう。邦画ホラー・ミステリー作品に一層の深みと興奮を与えてくれた、名女優たちの「艶技」を、ここでふり返ってみよう。

 まずは昭和13年に岡山で起きた「津山30人殺し事件」を題材にした名作「丑三つの村」(83年、松竹富士)。

映画評論家の秋本鉄次氏によれば、「村八分にされた若者(古尾谷雅人)が、復讐のために壮絶な大量殺人に向かいます。その伏線として」豪華な女優陣とのベッドシーンが展開されたというのだ。

 当時まだ若手の田中美佐子(60)は、湯船で小ぶりな生の胸を見せる。そして五月みどり(80)と池波志乃(64)の“妖艶2大熟女”が濃厚なカラミを見せた。五月は親戚でありながら古尾谷と体を重ね、池波は夫が出征中のさびしさを紛らわせるため若者の肉体を欲する。

「村一番の男のアレってどんなじゃろうね」

 これ以上ない好色なセリフが印象的だ。

 高島礼子(55)が、映画初出演作で大胆な脱ぎを見せたのが「さまよえる脳髄」(93年、ヒーロー)。女のまぶたを切り取る猟奇的な連続殺人事件を背景に、高島は犯罪者と向き合う精神科医に扮している。冒頭から早くも伝説のベッドシーンが展開されるといい、「恋人役の神田正輝とのカラミで、立った姿勢で犯され、全脱ぎした胸がガラスに押しつぶされるというアングルが光っていたという。

「公開後たちまち『あのすごい女優は誰だ?』と話題になりました」(前出・秋本氏)

 ピンク映画並みのハードなベッドシーンが3度もあり、高島がシャワールームで生理の血を流すサイコホラー的な見せ場も続くのだ。

 11月19日発売の週刊アサヒ芸能11月28日号では、さらに恐怖映像の裏に隠された、今はもう見られない名女優の生まれたままの姿から新進女優の大胆ベッドシーンまで徹底リサーチしている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ