女子アナ

専業主婦を我慢できなかった? 竹内由恵、“仕事復帰”が孕む新婚生活の危うさ

 2月21日、「日刊スポーツ」が、元テレビ朝日アナウンサー・竹内由恵の大手芸能事務所所属と仕事復帰を伝え、竹内本人が同紙の取材に応えている。

 竹内は「報道ステーション」で月曜日から木曜日はスポーツキャスター、金曜日はメインキャスターを務めていた昨年3月、同学年の医師との結婚を発表。9月末で「報ステ」を卒業し、年内でテレ朝を退社していた。

「日刊スポーツのインタビューで竹内は、テレ朝退職後、夫の勤務地である静岡へ移住し、主婦業に専念したいと思っていたが、家で暇そうにしている姿を見た夫から『だったら仕事してみたらいいんじゃない』と背中を押されたといいます。所属するのはサザンオールスターズや福山雅治など有名ミュージシャンを中心に、上野樹里や深津絵里、三浦春馬など大物俳優も揃うアミューズ。ただ、静岡を拠点に活動を再開させるといい、『まずやりたいのはラジオ』とも語っていましたね」(芸能記者)

 しかし、テレ朝時代はエースアナとして活躍し、女子アナファンにとっても夜のアイドル的な存在だっただけに、ネット上では復帰を喜びつつも<もったいない!><ラジオと言わずテレビにもどんどん出て欲しい><静岡なら東京に出て全国放送で>といった声があがっている。

「結婚発表当初は退社の理由について“仕事と家庭の両立が難しい”とコメントしていましたが、行動的な彼女だけに、いざ家庭に入ってみて専業主婦は向いていないと悟ったのでしょう。静岡拠点でのラジオ仕事とは言っていますが、オファーは間違いなくあることから、ペースが掴めれば東京に戻ることは十分に考えられます。問題は、家庭との両立が、好きな仕事によって崩れる恐れがあることですね」(制作会社関係者)

 ファンにとっては、うまく家庭と両立しながら、また東京で彼女が見られる状況がニンマリかもしれない!?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点