女子アナ

専業主婦を我慢できなかった? 竹内由恵、“仕事復帰”が孕む新婚生活の危うさ

 2月21日、「日刊スポーツ」が、元テレビ朝日アナウンサー・竹内由恵の大手芸能事務所所属と仕事復帰を伝え、竹内本人が同紙の取材に応えている。

 竹内は「報道ステーション」で月曜日から木曜日はスポーツキャスター、金曜日はメインキャスターを務めていた昨年3月、同学年の医師との結婚を発表。9月末で「報ステ」を卒業し、年内でテレ朝を退社していた。

「日刊スポーツのインタビューで竹内は、テレ朝退職後、夫の勤務地である静岡へ移住し、主婦業に専念したいと思っていたが、家で暇そうにしている姿を見た夫から『だったら仕事してみたらいいんじゃない』と背中を押されたといいます。所属するのはサザンオールスターズや福山雅治など有名ミュージシャンを中心に、上野樹里や深津絵里、三浦春馬など大物俳優も揃うアミューズ。ただ、静岡を拠点に活動を再開させるといい、『まずやりたいのはラジオ』とも語っていましたね」(芸能記者)

 しかし、テレ朝時代はエースアナとして活躍し、女子アナファンにとっても夜のアイドル的な存在だっただけに、ネット上では復帰を喜びつつも<もったいない!><ラジオと言わずテレビにもどんどん出て欲しい><静岡なら東京に出て全国放送で>といった声があがっている。

「結婚発表当初は退社の理由について“仕事と家庭の両立が難しい”とコメントしていましたが、行動的な彼女だけに、いざ家庭に入ってみて専業主婦は向いていないと悟ったのでしょう。静岡拠点でのラジオ仕事とは言っていますが、オファーは間違いなくあることから、ペースが掴めれば東京に戻ることは十分に考えられます。問題は、家庭との両立が、好きな仕事によって崩れる恐れがあることですね」(制作会社関係者)

 ファンにとっては、うまく家庭と両立しながら、また東京で彼女が見られる状況がニンマリかもしれない!?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!