芸能

「深いバスト渓谷見せつけ」台湾発“艶系”ピアニストの動画が大盛り上がり!

〈Pan Piano〉というアニソンをピアノのソロでみごとに奏でるYouTubeチャンネルがある。2016年7月28日に開設されて以来、9月30日現在(以降、全てこの日の記録)にはチャンネル登録者数が159万人という超人気ぶりなのだが、その正体は誰も知らない…。

 1141万回という驚異のチャンネル視聴回数を稼いでいる5月21日投稿の〈鬼滅の刃OP紅蓮華LiSA Demon Slayer[ピアノ]〉を見てみると、2020年に最もブレイクした漫画といっても過言ではない週刊少年ジャンプで今年の5月まで連載されていた「鬼滅の刃」のテレビアニメの主題歌「紅蓮華」を巧みな指捌きで惚れ惚れするほどみごとに奏でているのだが、それ以上に惚れ惚れしてしまうのは衣装である…。鬼滅の刃の主要な登場人物である竈門禰豆子(かまどねずこ)のピンクを基調とした着物に黒い羽織をまとい、コスプレよろしく衣装を再現しているのだが、唯一違うのは大きく開いた胸元である。惜しげもなく深い胸の渓谷とモデル顔負けのスタイルを見せつけている。

 視聴者のコメント欄には日本から以外のものと思しきコメントも数多いが、日本語コメントの中で、〈なんかピアノと関係ないことコメしてあって悲しい気持ちでいっぱいです。真面目に、そして綺麗に弾いてることに対して評価をするべきです〉と、何やら真剣な雰囲気のコメント。が、続けて読むと、〈もう一度言いますが、本当悲しい気持ちで〉のあとが“いっぱいです”となるべきところ、〈い〉を〈お〉に変えてある、よく読めばわかるジョークと思しきものだった。そんなコメントも含め、好意的な意見が数多く見受けられ、いろいろな意味で盛り上がっている様子だ。

 チャンネル概要欄を見てみると、〈台湾のピアニストです! アニソンを弾いてます~〉とある。他にも「進撃の巨人」「化物語」など人気作のテレビアニメでの楽曲と“コスプレ”にも挑戦、毎度豊かな胸元も披露しているのだが、顔は映らないアングルで素顔は明かされていない。

 このスタイルからは美女を想像してしまうが、はたして彼女の正体が明かされる日はくるのだろうか?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?