スポーツ

王会長、世界記録868本塁打を生んだ「一本足打法」“誕生の瞬間”を動画告白!

 通算868本塁打の世界記録を持つ王貞治氏(現・ソフトバンク球団会長)。首位打者5回、打点王13回のタイトルもさることながら、本塁打王は15回と、これは日本プロ野球最多記録であり、圧巻の活躍であった。これは、王氏の代名詞ともいえる「一本足打法」によるものだが、開眼したのはプロ4年目の1962年のことだった。

 巨人で活躍した元プロ野球選手、ウォーレン・クロマティ氏のYouTubeチャンネル〈クロマティチャンネル〉に王氏が出演、「一本足打法」を生み出すきっかけと誕生の瞬間を語った。〈【神回】夢の対談がまさか実現するとは?世界の王貞治がクロマティチャンネルに登場?(前編)【クロマティも超緊張】〉とタイトルをつけた11月20日投稿回がそれだ。

 高校時代までは「少年の球」だったが、プロは速い、重い、変化も鋭い「大人の球」と表現した王氏は「ボクもすごい世界に入っちゃったなと驚いたことがありましたね」と語った。

 世界のホームラン王ですら、プロ入り当時は大きな壁にぶつかっていたことを告白したのだ。特に、王氏は「ジェイムする(振り遅れて詰まる)タイプのバッターだったようで、バックスイングのスタートを早くするために苦労した結果、62年に一軍打撃コーチに就任した故・荒川弘氏から、欠点を補うよう、右足を上げる…すなわち「一本足打法」をアドバイスされ、チャレンジしたと振り返った。

「一本足打法」の初お披露目は、この62年の7月1日、対大洋ホエールズ戦の相手ピッチャーは速球派の稲川誠氏で、1打席目は「ライト前ヒットでホッとした」と語る王氏は、続く打席ではライトスタンドにホームラン!

 大きな自信をつけたこの年、38本塁打で初の本塁打王に輝き、以後13年連続本塁打王という最長記録も成し遂げている。

 世界のホームラン王でも若い頃はプロの世界に委縮し、しかしみごとにそのプレッシャーをはねのけたといった勇気をもらえるエピソード…。まさに「神回」であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!