芸能

美女3人、バスト揺らしていろんなモノを振りまくり動画に「30秒で昇天」の声

 YouTubeチャンネル〈シブヤ5丁目TV〉は、曜日担当で出演者が異なるといった風変わりなパターンを取っている。例えば、チャンネル登録者数153万人の大松絵美、チャンネル登録者数73.2万人の古川優香など人気ユーチューバーが月曜、水曜、日曜を担当、2020年の「M-1グランプリ」で5位に入ったお笑いコンビ・ニューヨークが金曜を担当するといった具合だ。

 そんな中、お笑いコンビ・マテンロウのアントニーと、美しいボディでダンスを披露するゴーゴーダンサー集団の〈CYBERJAPAN DANCERS〉が火曜を担当。当チャンネル唯一の「艶曜日」と話題を呼んでいる。例えば、4月20日に〈【揺れすぎ】とにかく振りまくれ!フルフル対決!〉とタイトルした投稿回を観てみると、バストHカップのHARUKAの他2名の美バスト自慢の美女が、上半身、引き締まったウエスト見せ、キューティハニーのようにバスト部分が見える艶衣装で登場。シャープペンを手で振り、さらに胸の渓谷に仕込んだ万歩計をバストを弾ませ振りまくり、その数を競い合うといった内容で、「ワー!」「キャー!」と奇声を発しつつ、美バストをブルンブルンと揺らす姿は圧巻。

 また、液体状の生クリームが入ったペットボトルを固体にしようと手首を絶妙に稼働させて振り振りする対決では、グループ内で「スイカップ」の異名も取るHARUKAの巨バスト揺れに視聴者もあらぬ妄想を抱いたようで、HARUKAの手の振動に30秒で昇天!…といったニュアンスの、けしからんコメントも見受けられたのだった。

 優勝して「ミスふるふるガール」とアントニーから命名されたHARUKAが「これからはミスふるふるガールとして精一杯頑張っていきます。よろしくお願いします」と挨拶。続編も期待できるミスふるふるガールの「フリフリ企画」で昇天するファンが今後も続出する気配!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」