芸能

アグネス・チャン、麻丘めぐみ、林寛子…生誕50年を迎える「70年代アイドル」を総直撃

 1971年6月1日、南沙織が「17才」でデビューしたことをきっかけに、日本でも「スター」ではなく「アイドル」の呼び名が定着した。

「日常習慣はけっこう早く慣れまして、例えば家に入る時に靴を脱ぐとか、挨拶は握手ではなくて、お辞儀をするとか。だけど、食べ物と言葉には苦労しました。香港では食べ物は温かいものが多く、ナマ物が苦手なのでお寿司や刺身は食べられませんでした」

 こう語るのは、来年で日本デビュー50周年を迎えるアグネス・チャンだ。今は日本と香港を行き来しながら、芸能活動と並行して教育活動にも熱心である。

 お姫様カットが魅力的だった麻丘めぐみは、72年に筒美京平作曲の「芽ばえ」でデビューした。翌73年に発売した「わたしの彼は左きき」は、チャート1位に輝く大ヒット。

「全国の左ききの方々に感謝されました。ヒット記念パーティーでは、巨人軍の王貞治選手(当時)に駆けつけていただいて、『おめでとう』と言っていただいてびっくりしました。縁もゆかりもない雲の上の人でしたから」

 子役時代から長いキャリアを誇る林寛子は、6枚目のシングル「素敵なラブリーボーイ」(75年)が代表作になった。82年には、小泉今日子がカバーしている。

「長男のおしめを替えている時にテレビから流れてきて『えーっ!聞いてないよ』と思いましたけど(笑)、でも、あの歌がまた世の中に蘇ってうれしかったです」

 4月27日発売の「週刊アサヒ芸能」5月6・13日合併号では、ほかにもあべ静江、伊藤咲子、早瀬久美などのインタビューとともに、黄金の70年代を振り返っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
2
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
5
全国旅行支援トラブル続出でクレームの嵐!対象店で「クーポン使用不可」の理不尽