芸能

アグネス・チャン、麻丘めぐみ、林寛子…生誕50年を迎える「70年代アイドル」を総直撃

 1971年6月1日、南沙織が「17才」でデビューしたことをきっかけに、日本でも「スター」ではなく「アイドル」の呼び名が定着した。

「日常習慣はけっこう早く慣れまして、例えば家に入る時に靴を脱ぐとか、挨拶は握手ではなくて、お辞儀をするとか。だけど、食べ物と言葉には苦労しました。香港では食べ物は温かいものが多く、ナマ物が苦手なのでお寿司や刺身は食べられませんでした」

 こう語るのは、来年で日本デビュー50周年を迎えるアグネス・チャンだ。今は日本と香港を行き来しながら、芸能活動と並行して教育活動にも熱心である。

 お姫様カットが魅力的だった麻丘めぐみは、72年に筒美京平作曲の「芽ばえ」でデビューした。翌73年に発売した「わたしの彼は左きき」は、チャート1位に輝く大ヒット。

「全国の左ききの方々に感謝されました。ヒット記念パーティーでは、巨人軍の王貞治選手(当時)に駆けつけていただいて、『おめでとう』と言っていただいてびっくりしました。縁もゆかりもない雲の上の人でしたから」

 子役時代から長いキャリアを誇る林寛子は、6枚目のシングル「素敵なラブリーボーイ」(75年)が代表作になった。82年には、小泉今日子がカバーしている。

「長男のおしめを替えている時にテレビから流れてきて『えーっ!聞いてないよ』と思いましたけど(笑)、でも、あの歌がまた世の中に蘇ってうれしかったです」

 4月27日発売の「週刊アサヒ芸能」5月6・13日合併号では、ほかにもあべ静江、伊藤咲子、早瀬久美などのインタビューとともに、黄金の70年代を振り返っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?