芸能

アグネス・チャン、麻丘めぐみ、林寛子…生誕50年を迎える「70年代アイドル」を総直撃

 1971年6月1日、南沙織が「17才」でデビューしたことをきっかけに、日本でも「スター」ではなく「アイドル」の呼び名が定着した。

「日常習慣はけっこう早く慣れまして、例えば家に入る時に靴を脱ぐとか、挨拶は握手ではなくて、お辞儀をするとか。だけど、食べ物と言葉には苦労しました。香港では食べ物は温かいものが多く、ナマ物が苦手なのでお寿司や刺身は食べられませんでした」

 こう語るのは、来年で日本デビュー50周年を迎えるアグネス・チャンだ。今は日本と香港を行き来しながら、芸能活動と並行して教育活動にも熱心である。

 お姫様カットが魅力的だった麻丘めぐみは、72年に筒美京平作曲の「芽ばえ」でデビューした。翌73年に発売した「わたしの彼は左きき」は、チャート1位に輝く大ヒット。

「全国の左ききの方々に感謝されました。ヒット記念パーティーでは、巨人軍の王貞治選手(当時)に駆けつけていただいて、『おめでとう』と言っていただいてびっくりしました。縁もゆかりもない雲の上の人でしたから」

 子役時代から長いキャリアを誇る林寛子は、6枚目のシングル「素敵なラブリーボーイ」(75年)が代表作になった。82年には、小泉今日子がカバーしている。

「長男のおしめを替えている時にテレビから流れてきて『えーっ!聞いてないよ』と思いましたけど(笑)、でも、あの歌がまた世の中に蘇ってうれしかったです」

 4月27日発売の「週刊アサヒ芸能」5月6・13日合併号では、ほかにもあべ静江、伊藤咲子、早瀬久美などのインタビューとともに、黄金の70年代を振り返っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
4
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”