スポーツ

王貞治ではなかった!?掛布雅之が「本当のホームランバッター」を動画告白

 阪神一筋15年の元プロ野球選手・掛布雅之氏と言えば、3度の本塁打王に輝くスラッガーで、1979年、48本塁打で初本塁打王のタイトルを奪取。この「48本」は、故・藤村富美男氏の46本を上回り、85年にランディ・バース氏が54本で更新したが、日本人選手としては現在も球団記録となっている。

 その掛布氏が、主に広島カープで活躍した元プロ野球選手、高橋慶彦氏のYouTubeチャンネル〈カープよしひこチャンネル〉に出演。元は中距離打者だったと言う掛布氏が、長距離打者に生まれ変わるきっかけとなった人物、さらにはその人物が世界のホームラン王である王貞治氏(巨人)以上のホームランバッターだと衝撃の発言をしている。

 同チャンネルの8月16日付け投稿回〈【阪神タイガース】掛布雅之さんコラボ第2弾!掛布さんはホームランを狙っていなかった?!その真実とは【高橋慶彦】【カープ】〉を観ると、その人物とは、ホームランアーティストの異名も取った田淵幸一氏だった。

 68年ドラフト1位で阪神に入団した田淵氏は、79年に西武に移籍した。田淵氏に代わって主砲を務める責任感から長距離打者となるようにスピンをかけて打ち返すなど、ゴロを打たない訓練を積んだという掛布氏が、「日本のプロ野球、長い歴史があって、数多いホームランバッターいましたけども、本当のホームランバッターって田淵さんじゃない?王さんじゃないでしょ?」と訊ねると、「王さんは“ゴン”ですからね」と、高橋氏。勢いで打ち返す王氏とは違い、田淵氏は絶妙な角度で打ち上げるスペシャリストだったと賞賛したのだった。

 ちなみに、世界記録となる王氏の868本に対し、田淵氏の本塁打数474本は日本プロ野球歴代11位。ともあれ、いかに田淵氏のホームランが美しい放物線を描いたのかと、しみじみ感じさせてくれる見ごたえのある回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
5
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史