スポーツ

プロゴルファー小平智の「タクシー大狼藉事件」を運転手が憤怒告発!(1)

 今年の賞金ランキング12位、ゴルフ界の若手のホープ・小平智プロが、深夜、仲間と乗り込んだタクシーの運転手に乱暴狼藉の限りを尽くしていたことがわかった。向かわせた千葉市内の高級ソープランドが閉店しているのに激怒。運賃を払わないとゴネ、聞くに堪えない暴言を吐き、あげく車体にも損害を与えたのだ。被害運転手が全てを語った!

「事件」は、去る12月10日の未明に起こった。千葉市内の平川カントリークラブで、小平智プロ(24)も出場したプロアマ大会の当日だった。

 今回、被害者となった長内忠雄さん(65)=仮名=が千葉市内の繁華街で客待ちをしていると、小平を含め5人の若者が近づいてきた。長内さんが振り返る。

「そのうちの一人が『仲間が酔って潰れてしまったので、(滞在している)ホテルまで連れて行ってほしい』と言う。見れば泥酔したその若者は一人で歩けず、私がドアを開けると、2人がかりでその若者を後部座席に放り投げた。車内に吐かれても困るので『誰か付き添ってくれないと困る』と言ったら『みんなで一緒にホテルまで行く』と言う。定員オーバーだけど、一人が『俺は車内で隠れているから乗っていいでしょ』と言うので『年末で取締りも厳しいから全員は乗せられない』と断った。すると小平が『隠れている』と言った若者に、『栄町(千葉市内のソープ街)で待ってろ』と言って、そこで別れたんです」

 つまり、泥酔した若者をホテルに帰したあと、ソープ街で合流しようと打ち合わせていたのだ。ちなみに長内さんは趣味でゴルフをやる。風貌と若者たちのやり取りから、小平を乗せたことに程なくして気づいたという。夜が明ければプロアマ大会に参加するという状況もあってか、小平はそれほど酔っていなかったようだ。長内さんによれば、小平は、泥酔した若者が車内で吐いた時のために助手席に座り、ビニール袋も用意していた。

 ともあれ、長内さんは4人を乗せてホテルに向かった。その時点で料金は890円。「メーターはどうする?」と小平に聞くと、「止めておいて」とのことだったので、そのとおりにしたという。

 1人を部屋に連れ帰った小平ら3人が戻ってきたのは、約20分後の10日午前0時20分頃だった。

「3人が再乗車して後部座席に乗った小平が『栄町に行ってくれ』と言う。『栄町も広いから、先に待たせてある仲間に電話すれば』と言うと、一人がスマホを操作し始めましたが、つながらなかったみたいで、次に小平は『高級ソープへ連れて行ってくれ』とだけ言う。私は『予約してあるならいいけど、時間が時間なので閉店になっているかもしれないよ』と言いつつ、とりあえず栄町でも高級ソープとして知られる『李白』に行った。案の定、閉まっていたので、次に『ベガス』という高級店に車をつけた。でもここも閉店。すると小平が急に怒りだしたんです」(長内さん)

 言葉遣いもガラリと変わり、

「運ちゃん、閉まっているところにわざと行ってるんじゃねえか」

 と言いだした。さらに、

「俺、3000円しか払わないよ」

 とも言い放ったのだ。

「若いくせに『運ちゃん、運ちゃん』と小バカにしたように言うので、私もカチンときて『言葉に気をつけてくれ』と言い返したんです。すると小平は運転席に身を乗り出して、耳元でこう叫ぶんです。『運ちゃんよ、俺は24歳で6000万稼いだ。運ちゃん、6000万稼いだことあんのか!』。それも30回以上連呼するんですよ。おかげで耳鳴りがして、病院へ行ったら急性難聴だと診断されました」(長内さん)

◆アサヒ芸能12/17発売(12/26号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜田雅功が26年前にピエール瀧の“犯罪者になる素質”を見抜いていた!
2
今そこにある芸能界の闇営業(4)ビッグタレントの裏に潜む“肉体献上”
3
あの番組が原因!?ダウンタウンが「テレ朝を出禁」になった裏の疑惑!
4
嵐・大野、関ジャニ横山出演映画から「まさかのオファー無し」にファン悲鳴!
5
口から白濁した液を滴らせて…有村架純の最新ショットが意味深すぎる!