スポーツ

柔道日本代表監督・鈴木桂治が激白!日本がフランスに負けたのは「国民性の違い」

 昨年開催された「東京オリンピック2020」の柔道競技を振り返ると、男女個人戦は体重別に各7階級を実施。男子5個、女子は4個の金メダルを獲得した。

 しかしながら、新種目として導入された男子3人、女子3人で争う「男女混合団体戦」では、決勝でフランスに惜敗。柔道における地域別の金メダル獲得数は日本が9個、2位フランスが2個と圧倒的な差をつけながら、「フランス強し」が印象に残る大会となってしまった。

 2004年のアテネオリンピックで、柔道100キロ超級金メダルを獲得し、昨年10月、井上康生氏からバトンを受けて全日本代表チームの監督に就任した鈴木桂治氏が6月28日、巨人OB・岡崎郁氏のYouTubeチャンネル〈アスリートアカデミア【岡崎郁 公式チャンネル】〉に出演し、前述の「団体戦」を回想した。

「国柄というんですかね、フランスってひとつにまとまる能力がめちゃくちゃ高いと思うんですよね。日本は割と男女で一緒にいることって少なくて、柔道の場合は。だから、いざその日に固まって『よっしゃ、世界一になろうぜ』って言っても、やっぱり本物のチームワークというのは、なかなか作り上げることができないと思うんですけど」

 これに岡崎氏が呼応して、

「国民性というよりも、そういう練習の環境にも影響しているんじゃ…」

 と問いかけると、

「国民性もあると思います」

 これには岡崎氏が首をかしげながら、

「国民性だったら、日本人の方がそういうのはありそうな、何となく勝手なイメージなんですけど…」

 フランスでの「パリオリンピック」開催は2024年。2年後、日本の雪辱はなるか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
ガーシー砲まみれの綾野剛がテレビマンに高評価のワケは…
4
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
5
広瀬すず、「バスト強調ストレッチ」メイキング映像にファン悶絶!