芸能

明石家さんまが告白した「夜のテクニック不足」実は静かだった「ベッドの中」

 明石家さんまが10月1日放送の「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)に出演。「抱かれたい芸人ランキング2022」に言及した。

 同ランキングは「週刊女性」(10月11日号)が20代から50代までの女性2000人を対象に、アンケートを実施したもの。順位は1位=EXIT兼近大樹、2位=千鳥・大悟、3位=かまいたち濱家隆一、4位=チュートリアル徳井義実、5位=明石家さんま、麒麟・川島明、7位=ダウンタウン松本人志、8位=アインシュタイン河井ゆずる、9位=博多華丸大吉・大吉、10位=パンサー向井慧となっている。

 ランキング5位に入ったことについて、さんまは「5位とか、この年齢になって入れていただくのは凄いことだというのは分かってるんですけども」と前置きした上で「昔、こういうランキングほとんど1位を取ってきてたんで。だから5位か、という感じやけど」と正直な心境を吐露。しかしすぐに「いやいや、67歳にして、ここに入るってすごいことや」と打ち消した。

 さんまに票を入れた女性の声として「ベッドの中では静かそうだから」「女性に対して優しそう」というものがあったことには「読みどおり、静かです、最中は。優しいというか、きつく責められないというのかな。なんていうのかな、テクニック不足?」と応じ、スタジオの女性アイドル2人を無言にさせたのだった。芸能ライターも苦笑しつつ、

「以前、芸能レポーターの井上公造氏がAbemaTVの『芸能(秘)チャンネル』で『モテ芸人ランキング』を発表した際も、さんまは3位に挙げられました。理由を『お金を持っている』『独身』『優しい』とし、特に『優しい』については有名タレントも素人女性も同じ対応で、焼肉店へ行っても自分は食べずに焼いてあげるという紳士ぶりが明かされていました。世間の評価は当たっているのかもしれませんね」

 それにしてもただひとり、60代で5位というのは凄い。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論