事件

「愛媛・女子高生死体遺棄事件」3DKの室内で繰り広げられた一部始終とは?(3)命令に背くと襲いかかり…

 近隣住民たちが、次々と戦慄の目撃談を明かす。

「5月上旬に団地内の公園で、少年が裕香さんの顔をボールでも扱うように激しく蹴っていました」(近隣男性)

「7月に団地の駐車場で『お前がおるから‥‥』と裕香さんがどなられて、殴られたり蹴られたりボコボコにされていた」(近隣女性)

 暴力だけでは満たされなかったのか、A男は裕香さんを「性奴隷」のようにもてあそんでいた。中学時代の裕香さんの同級生がこんな証言をする。

「5月頃に私の友達が裕香さんに連絡すると、『A男にレイプされた』と相談を受けたそうです。命令に背くと虐待されるので従わざるをえないんです。裕香さんの他に少女が居候していた時は、2人でA男の相手をさせられたこともあったそうです。少女も暴力で支配され、仕方なくするしかなかった。逃げ出しても、A男は少年たちのネットワークを使って血眼になって探し出すので、結局連れ戻されるとも言っていたそうです」

 窪田家の度重なる「異常事態」に、近隣住民たちは何度も警察や市に通報している。

 7月18日には、住民たちの要請で伊予市職員が住民の話し合いに出席。「このままでは(裕香さんが)暴力で殺される」という話を聞かされている。またその翌日には、署員が恵容疑者に連絡を取ったが、

「一緒に住んでいた大野さんは1、2週間前に出ていった。どこにいるかわからない。こんなことで連絡してくるな!」

 と一喝されて、それ以上、安否の確認はしなかった。そのおよそ1カ月後に最悪の結末を迎えてしまう。恵容疑者の幼少期を知る地元の男性は、かぶりを振りながら、こう語りだした。

「恵が生まれた直後ぐらいに、彼女の父親の兄が、恵の母親に手を出して夫から奪い取ってしまったんだ。以来、恵はこの兄に育てられてきたんだが、彼はキレやすくて暴力ざたや金銭トラブルは日常茶飯事で、飲食店やタクシーは『出入り禁止』。いちばん印象に残っているのは、地域の夏祭りで住民が盆踊りを踊っているところに、突然チェーンソーを持って現れ、やぐらの柱を切り落として祭りをメチャクチャにしてしまったことです。そんな男に育てられて『恵はちゃんと育つのか』と、当時から心配されていたよ。ニュースで恵の名前を聞いた時、悪い形で心配が当たってしまったと、やるせない気持ちになってなあ‥‥」

 だが、いかなる境遇で育ってきたとしても、恵容疑者が時に実行し、時に黙認した、裕香さんを死に至らしめた残虐非道な所業は、いささかも許されない。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」