芸能

坂本冬美「膵臓ガンで余命3カ月」仰天デマまで出た「休業宣言」のドタバタ舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

「幸せな演歌歌手でした。今ここで何があっても、人生に何の悔いもありません」

 この年の大晦日に、14年連続となる紅白への出演が決定していた歌手の坂本冬美が突然、休養宣言したのは、01年12月19日である。彼女は翌02年3月29日のコンサートで冒頭の言葉を残し、表舞台から消すことになった。

 とはいえ、「人生に悔いはない」とは穏やかでない。しかも、本人が休養の理由を「体調の万全ではない日が多く、悩んでいた。心身ともにリフレッシュしたい」として、多くを語らず。さらには6年前に2億5000万円で購入した3階建て豪邸を売却していたことが発覚したから大変。すわ結婚か、はたまた最愛の父の突然の死による精神的ショックでの引退…などなど、憶測が憶測を呼んだのである。

 坂本は休業後、いったん郷里の和歌山に帰ったのだが、そこでも不穏な話が流布することに。97年に急性膵炎で入院したことを引き合いに出され、いったい誰が流したのか、「重い膵臓ガンのため余命3カ月で、県立病院に入院。手当の甲斐もなく亡くなった」などというデマ情報が出たのだ。芸能マスコミは念のため、裏取りに奔走することになる。

 だが、そんな噂をヨソに、彼女は和歌山での実家暮らしを満喫していたようで、実家を取材した民放局ディレクターによれば、

「お母さんによれば『冬美は今、ハワイに行っています。こっちでは甥や姪の面倒を見たり、ゴルフしたりしてのんびりしてますよ』と。膵臓ガンは完全なガセネタでしたね」

 火のないところにも煙は立つものだと、驚いたものである。

 ところがそんな坂本が、騒動から1年半後の03年3月7日に突然、所属レコード会社での復帰会見に登場する。桜の絵柄をあしらった和服姿で登場した彼女は、100人の報道陣を前に、

「デビュー10周年までは無我夢中でやってきたのですが、その後、虫垂炎になったり、父が亡くなったり、体力が落ち、気力もコントロールできないくらいになって。それで自信がなくなり、悪い方へと追い詰められていった」

 精神的に追い詰められたことで声が出せなくなり、

「ちゃんと歌っていけるのだろうか、と。正直、最後の方は歌うのが怖くなってしまいました」

 休業後もしばらくは、自分の歌を聴いたり鼻歌で歌うこともできなかったと、心情を吐露したのである。

 しかし、再び彼女をスポットライトを浴びる世界に戻したのも、自分を追い詰めた「歌」だった。

「正直、引退も考えました。でも、私はやはり歌が好きだったんです」

 一部では「演歌の世界にはありがちな話だよね」との見方はあったものの、わずかな休業での「死亡説」に、改めてスターの証を痛感したのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道