スポーツ

大谷翔平、2度目の「トミー・ジョン手術」なら来季も投手登板が消滅の悲劇

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平を悲劇が襲った。

 日本時間の8月23日に行われたレッズとのダブルヘッダー第2戦に二刀流で出場したが、2回に「右腕の疲労」により緊急降板。試合後、ペリー・ミナシアンGMが記者会見で「右肘靱帯損傷で今季投手としてもう投げない」とした。

 この日の登板ではストレートの最速が151.9キロにとどまるなど剛速球は陰を潜め、平均速度も10キロ近く遅かった。

 大谷は2018年6月にも「右肘内側側副じん帯損傷」で故障者リスト(DL)入り。一度は投手として復帰したものの、同年9月上旬の精密検査により右肘じん帯の別の場所の損傷が判明し、シーズン終了後の10月1日に腱移植手術、いわゆるトミー・ジョン手術を受けている。

 まずはセカンドオピニオンを受け手術を含め検討するというが、セカンドオピニオンを実施しなければならないほど深刻な状況の可能性がある。前回の手術時は翌年の5月から打者で復帰したものの投手としては全休。20年7月26日に手術から1年10カ月ぶりに投手復帰を果たしたものの、今度は右肘付近の屈筋回内筋痛と診断され同年中の投手復帰が消滅。結局、完全復帰したのは21年の4月で、手術から2年半もの間、投手として思うような活躍ができなかった。

 スポーツライターが語る。

「再びトミー・ジョン手術を受けるとなると、前回よりも手術が複雑になり、選手によっては回復がより遅くなると指摘する専門家もいる。となると早めに治療を始めたいところですが、打者としてプレーオフのわずかな可能性や本塁打王にこだわれば、それだけ復帰が先になり、来季も投手を断念せざるをえない可能性が高くなる。難しい判断が迫られます」

 まずはそこまで深刻ではない状況を願うばかりだ。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…