芸能

【ジャニーズ再生策】評論家が示した「居座りジュリー氏の呪縛」からの解放手段

 ジャニーズ事務所は10月2日に会見を開き、今後の会社運営の方針を公表するという。社名変更のほか、前社長・藤島ジュリー景子氏が100%保有する株式や故・ジャニー喜多川元社長による性加害の被害者への補償の具体策などについて言及する見込み。

 また、新社長・東山紀之とジュリー氏は現事務所で被害者補償に向き合う役割を担い、タレントと社員を所属させる新会社を設立する方針で、タレントのマネージメントを行う新会社の社長には、芸能界に精通した人物を外部から招へいするともいわれている。

 このジャニーズ問題について経済評論家の高橋洋一氏は、9月21日更新の自身のYouTubeチャンネルで経営学の観点から語っていた。

 高橋氏がジャニーズの再生論として挙げたのはBJ(バッドジャニーズ)とGJ(グッドジャニ―ズ)の分離。BJは旧ジャニーズの資産・負債を継承し、性加害の救済のみを業務とし、芸能活動はまったくしない。

一方、新会社であるGJは旧ジャニーズの所属タレントのマネジメントを行い、ファンクラブの収入等は全部受け取る。名称は公募が望ましいというもの。

 高橋氏は「経営のプロだったらこのように考える」といい、例えば金融機関が潰れるときも不良債権を抱えて潰れるが、様々な旧来業務をやっていかなければならない。そうした時、不良債権の部分だけ分離して「バッドバンク」にして、これからの話は「グッドバンク」にしてやる。金融機関の再生のときは、この手法はよく使うと説明した。

 また、新会社の株式はファンクラブの会費収入を明らかにすれば出資者はたくさん集まるので、仮にジュリー氏が一部持ったとしてもオーナーは多数に分かれ、ジュリー氏の呪縛はなくなるとした。

「どこかのプロフェッショナルの人が間に入っていれば、これと似たような話になると思うけどね。そうじゃないとなかなか収拾つかない」

 と高橋氏。実際、同じような案もすでに報じられているわけだが、10月2日の会見では、どのような内容が報告されるのか注目される。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」