芸能

「news zero」櫻井翔の続投にスタッフが「タレントにキャスターは務まらない。早くまともな人材を」と嘆く理由

 テレビ局とSMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)の関係が案の定、変わらないことにガッカリ感が広がっている。日本テレビは石澤顕社長が定例会見で、報道番組「news zero」キャスターの嵐・櫻井翔の降板を否定した。

「煮詰めて見極めながら、視聴者に信頼される番組作りに邁進する。ジャニーズ事務所自体が今、どんどん変化をしている。現時点では変更などの話はない」

 日本テレビの社内調査では、NEWS・小山慶一郎と櫻井がニュース番組のキャスター出演について、同局幹部らが「忖度だと思う」と語っていたというが、櫻井続投の背景を日本テレビスタッフは次のように話すのだ。

「旧ジャニーズへの配慮というよりは、櫻井家への配慮でしょう。櫻井の父・櫻井俊氏はテレビ等の電波・通信業を治める元総務省事務次官で、電通に天下り、マルチメディア振興センター理事長を務める大物。もちろん歴代の日本テレビ上層部にも多大な影響力があり、簡単に息子を報道番組から降板させられない事情があります」

 日本テレビで年末恒例となっている音楽番組「音楽の祭典 ベストアーティスト」でも、櫻井が総合司会を担当する。

「櫻井は『news zero』ではただカンペを読む存在であり、進行のうまさやコメント力は求められていません。スタッフが全てお膳立てするので、出演していることに意味があるのです。『news zero』制作スタッフの中には『櫻井のコメントやセリフを全て作らないといけないから、余計な負担になっている』といった声が聞かれます。タレントにキャスターは務まりません。早くまともな人材を出演させてもらたいものです」(前出・日本テレビスタッフ)

 旧ジャニーズという大きな後ろ盾がなくなっても、父親の威光で…これが芸能界の現実なのかもしれない。

(佐藤恵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
4
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点
5
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話