芸能

コットン・ダイアン・5GAP…売れたきっかけは「改名」による運気急上昇だった

 昨年大ブレイクしたお笑い芸人に、コットンがいる。きっかけは「キングオブコント2022」準優勝だ。きょんは昨年、ピン芸人として「R-1グランプリ2023」でも準優勝した。

 ニホンモニターの調査による「2023ブレイクタレント」では、昼の生バラエティー番組「ぽかぽか」(フジテレビ系)のMC神田愛花に次いで、2位にランクイン。昨年4月からは、コンビで昼の生帯番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)に月曜レギュラーとして出演している。

 レギュラー番組10本超えを達成したコットンだが、ターニングポイントは改名だった。2021年4月に放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)で、かつての「ラフレクラン」からコットンに変更したのだ。改名で活路を見い出す番組企画で、当時AKB48のメンバーだった横山由依が「コットンはファンの方が化粧水みたいな感じになって」と提案。即決して、運気を高めた。

 こうした例は珍しくない。「第2の錦鯉」としておじさん人気の一翼を担ったTOKYO COOLも、改名は番組企画によるものだった。2人は2019年まで「全力じじぃ」のコンビ名。くりぃむしちゅー・有田哲平がMCの若手ネタ番組「有田ジェネレーション」(TBS系)で、40代の「リアルじじぃ」がスタイリッシュに生まれ変わった。

 有田も改名経験者だ。2001年の「気分は上々。」(TBS系)で、「海砂利水魚」から変更してメディア露出を増やした。この成功体験があるため、コンビ名の変更には肯定的だ。「気分は上々。」では、さまぁ~ずも「バカルディ」から変えている。

 千鳥の冠番組「いろはに千鳥」(テレビ埼玉、ほか)では、2019年にダイアンの西澤裕介が「ユースケ」に変えている。ダイアンのその後の大活躍は、今さら言うまでもないだろう。推奨した占い師は翌2020年、「犬の心」を解散後にピン芸人となった押見トランスを「おしみんまる」に変えている。さらに、ほかのコンビ芸人も改名させた。

「5GAPは2021年3月に、コンビ名ではなくそれぞれの芸名を変更しました。ボケの久保田賢治は『クボケン』、ツッコミの秋本智仁は『トモ』。コンビ名はそのままという稀有な例で、5GAPはその年から翌年にかけて、地上波テレビ出演を増やしています」(お笑い関係者)

 昨年の「改名キング」コットンに続く芸人は現れるか。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え