社会

インド古典に記された「空飛ぶ戦車」操縦マニュアルと「核爆弾投下」の悲劇的瞬間

 古代文明の足跡が残るインドには、最古の古典である「リグヴェーダ」や、大長編叙事詩「ラーマーヤナ」、さらには宗教的、哲学的、神話的叙事詩「マハーバーラタ」など、歴史的価値ある文献が数多く残されている。

 そしてそれらいずれにも登場するのが、「考えるのと同じ速さで、意のままに飛び進む」などと記された、「ヴィマナ」と呼ばれる乗り物だ。

 ヴィマナはその時々で、「空飛ぶ宮殿」「空飛ぶ戦車」などとして描かれている。「12本の柱を持ち、1つの車輪、300の回転軸、60の装置など」があり、火と水を使った「からくり」で宇宙へ飛び出していくというのだ。古代文明研究家が解説する。

「紀元前10世紀以前に書かれたという大聖典『ヴァイマーニカ・シャストラ』が1918年に発見されたのですが、神々についての記述は一切りません。書かれていたのはヴィマナの飛行性能や設計構造、操縦法など、どう考えてもヴィマナのマニュアルとしか思えないものだったんです。書物は20世紀初頭、一種のチャネリングによって口述されたものですが、これは宇宙人が古代人に残したヴィマナ操縦法である可能性が高いでしょうね」

 そんな証言を裏付けるかのように、先の叙事詩「ラーマーヤナ」には、こんな記述が残されていた。

〈高速のヴィマナで飛んでいたグルカは3つの都市に向けて、全宇宙の力を秘めた弾丸を投下した。全住民が灰と化した。死体はひどく焼けていて、見分けがつかなかった。髪の毛や爪は抜け落ちていた。鳥たちは白くなり、食物は毒された〉

 それだけではない、「マハーバーラタ」にも、その瞬間がこう描かれているのだ。

〈太陽を一万個集めたほど明るく、煙と火が絡み合った光り輝く柱がそそり立った。死の杖のように、恐るべき槍。その寸法は3キューブと6フィート。授けられた力は、千の眼を持つインドラの雷(いかづち)、生けるもの全てを破壊した…〉

 この記述を核爆弾投下でないとするなら、いったいどう説明したらいいのか。

「実は2010年頃、米軍がアフガニスタンでヴィマナを発見したという噂が流れたのです。しかし、洞窟から運び出そうとした瞬間、全ての兵士が消えてしまったのだと。これは極めて重要度の高い機密事項として、米政府により闇に葬り去られたと聞いていますが…」(前出・古代文明研究家)

 不都合な真実が暴かれる日は、来ないかもしれない。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」