芸能

嗚呼、素晴らしき「80年代テレビ黄金時代」を語り尽くそう!〈ブッチー武者〉「ひょうきん懺悔室」は朝8時から深夜まで待機

 80年代を丸々席捲した伝説のバラエティー番組「オレたちひょうきん族」(フジ系、81〜89年)で、懺悔の神様としてブレイクしたブッチー武者(71)。笑いのパラダイスだった土曜の夜の舞台裏を語る。

 神様に許しを請うて、認められなければ水を浴びせられる名物コーナー「ひょうきん懺悔室」の出演は、ひょんなことからだった。

「当時、コンビを組んでお笑いスター誕生に出演していたんですよ。番組に携わっている制作会社の人に『ひょうきん族』からオファーがあって、その話が僕のところに回ってきた。後からわかったのですが、暇でギャラが安いヤツを探してたって(笑)。仕事の内容も聞かされないまま、フジのディレクターだったビビンバ荻野さんの元を訪ねたのを覚えています」

 記念すべき初の懺悔のターゲットだが、実はお笑い芸人ではなかった。

「俳優の荻島愼一さんでした。タケちゃんマンのコーナーでゲスト出演してセリフが飛んでNGに。その時はまだ手探り状態で、ディレクターの判断で『○』という結果になりましたね。1週目で終わると思っていたんですけど、1カ月続けたところでレギュラー化が決定。それ以降は、僕が自由に○と×を決めて出すスタイルになりました」

 ひょうきん族は「タケちゃんマン」をはじめ、多くのコーナーで成り立っていた。当初は懺悔に値するNGが出るたび、その都度、コーナーの収録を止めて〝懺悔〟を行っていたという。

「朝の8時にスタジオ入り。メイクをして着替えて、その格好のままずっと待っていなきゃいけなかった。いつ出番が来るかわからないですから、僕だけはすべての収録が終わる深夜までずっと待機でした」

 ひょうきんメンバーはもちろん、人気タレントたちにも水を浴びせた。

「いちばん多く×を出したのは、(西川)のりおさんと(島田)紳助さんかな。天地真理さんの時は、判定する短い間、ギリギリまで迷ったんですが、水を被ってもらいました。冬場は湯気が出ない程度のお湯を使っていたので、天地さんは『キャー! でも温かーい』ってリアクションでしたね。×を出すことが多いんだけど、ファンだった荻野目洋子ちゃんの時は、いつもより食い気味に○としました。お人形さんみたいでかわいかったので仕方ないですよ(笑)」

 水をかける側だったブッチーだが、実は水を被るハメになったことも。

「山田邦子さんがひょうきん終わりで次の現場に行かなきゃならなくて、事前に○って指示があったの。本番でその通りにしたら、なぜか水が落とされて邦ちゃんがズブ濡れに。慌てて手を×に直したんだけど、時すでに遅し。NGってことで、邦ちゃんが神様になってボクに×を出し、水を被ったことがありました。あれは僕をハメるドッキリだったんじゃないかな(笑)」

 番組の主役・ビートたけしとの会話も忘れられない。

「夜遅くに帰ろうとしていたら『後ろ空いてんの? 来ないか?』って飲みに誘ってくれました。その席で、笑いとは何かという質問をさせていただいたら『お笑いなんてのはガンジーだよ。無抵抗の抵抗だよ』って」

 ところで、裏は怪物番組「8時だョ!全員集合」(TBS系、69〜85年)である。

「途中から懺悔コーナーは番組の最後という構成に変わった。すると全員集合のエンディングと被る時間帯なんですけど、毎度同じ映像が流れるあちらよりも懺悔室が視聴率で上回るようにもなった。最初は数万円だったギャラも10倍にまでなって、営業でずいぶん稼がせてもらいました」

 とはいえ、私生活で人気を肌で感じることはなかったそうだ。

「メイクにカツラだったから、素顔では街で気づかれることがなかったんですよ。全然モテなかった」

 一方で、この役回りは家族にも影響を及ぼしたという。

「息子が小さい時、『お父さんの職業は?』って聞かれて『神様です』って答えていたんですよ。そしたら『絶対ウソ! 変だ』っていじめられたらしい。そんな息子も社会人になって『お父さんの名前を出したら営業先で打ち解けるのが早かった。利用させてもらってるよ』だって(笑)」

 結局、ひょうきん族には7年間出演。14年から、劇団を立ち上げて芝居も行っている。

「介護に疲れ果てて、認知症の母親を殺めてしまった事件が実際にありまして、それをベースに芝居を作りました。絶対に風化させてはいけない事件だと思ったんです。結果、今は介護関係者との輪が広がっています」

 ひょんなことから人気者になった懺悔の神様は、慈悲深い視点で、社会問題に取り組んでいるようだ。

ブッチー武者:77年頃、レオナルド熊に弟子入り。お笑いコンビ「アッパー8」で「お笑いスター誕生!!」に出演した。その後、「オレたちひょうきん族」の「懺悔室コーナー」で懺悔の神様としてブレイク。14年に劇団ZANGEを旗揚げし、認知症と介護をテーマにした舞台「生きる」を毎年2回公演している。新宿・歌舞伎町にバー「女無バー」を出店し、もう27年になる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
3
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること