芸能

同じ相手と2度の結婚と離婚…広田レオナと吹越満「ヘンな夫婦」の内情/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 それこそ10人いればみんな姿形が違うように、夫婦の形もそれぞれだ。とはいえ、同じ相手と2度結婚し、2度とも離婚。それでも繋がりが切れない不思議な関係を維持しているのが、広田レオナと吹越満ではないだろうか。

 2人の間には女優として活動する咲耶という娘がいるが、広田が2月18日にXで報告したのは、

〈昨日17日は吹越さんの59歳の誕生日 娘と2人で銀座でディナーですって〉

 元夫が娘と食事に出かけたのだった。

〈前厄ですね ドンマイ〉というコメントを添えた、プレゼントを持つ吹越の写真を目にし、現夫婦同様、元夫婦の形というのも十人十色なんだろうな、と改めて感じたものだ。

 2人は1994年に結婚。11年目にして離婚し、その7年後に再婚した。そして4年後にまた離婚、という不思議な生活を送ってきた。筆者が広田の離婚会見を取材したのは、2006年12月16日。つまり1回目の時である。

 実は1994年の電撃婚の際、吹越と劇団「WAHAHA本舗」の先輩にあたる久本雅美との熱愛が報じられたこともあり、一部週刊誌には「広田が久本から吹越を略奪!」といったタイトルが躍ったものである。だが、会見で語られたのは、「私は『別れよう、離婚しよう』と話を持ちかけても、彼は『絶対に別れない』と。でも2002年頃に『うん、別れよう』と言われて。ただ、そうは言ったものの、別れたくない。私が離婚を切り出すたびに『いやだ~! 愛してるから~!』って号泣するんです。で、マンションの外で『俺は女房に片思いしているんだ~!』とか叫ぶ。それでズルズルと…」

 吹越のほうが広田にベタ惚れだったというのだが、

「やっと離婚できたんだから『おめでとう』っていってほしい」

 と微笑んだのだった。ただ、迷言は飛び出すも、離婚原因については今ひとつわからずじまい。

 その真相がついに本人の口から語られたのが、2017年8月の「ダウンタウンなう」の人気コーナー「本音でハシゴ酒」だった。

 番組に出演した元夫婦の2人は、吹越のひと目惚れで恋が始まり、酔った勢いで吹越が「適当に婚姻届を書いて役所に提出してしまった」と。最初の離婚に関しては大黒柱としての自覚が足りなかった、という元夫に対し、広田が爆弾発言をカマす。

「(女性問題があったとは)認めてないですよ。大女優さんなんで(相手の名前は)言えない。でももうひとり、長く付き合ってたのがいたよね」

 再婚についても「娘の進学のため」として「愛はあったのか」との質問には「あるわけないじゃないですか」とキッパリ。

 元夫はタジタジだったのだが、広田が最後に語った言葉が、

「ほんとに憎んだ時もあったけど、それを通り越して今、肉親に対する感情と同じものがこの人に対して湧いているんです」

 なるほど。やはり、人生はいろいろ、元夫婦の形もいろいろ、なのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」