スポーツ

城彰二がズバリ「サッカー・パリ五輪予選」韓国戦の敗因は「先発メンバー・パスミス・GKとFW」

 パリ五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジアカップのグループリーグ第3戦で、日本は韓国と戦い、0-1で敗れた。両国ともに決勝トーナメント進出を決めていたため消化試合となったが、2位通過なら決勝トーナメント1回戦の相手が開催国のカタールになるため、お互いに負けられない一戦だった。日本は75分にコーナーキックからゴールを決められ、韓国に逃げ切りを許した。

 敗因は何か。元日本代表の城彰二氏は自身のYouTubeチャンネルで、次のように分析。

「韓国の選手の方が球際や前への突破力に対して、体を使いながら精神的にも強く前に出てきた。日本はフィジカルの面でも、こういった部分でもうまくいかなかった」

 先発メンバーについても、

「いろんな選手を試しながら戦い、勝利を目指していくということで戦ってきた。それが3戦目の先発メンバーだとうまくいかなかったというのは、見ての通りではないかなと思います」

 大岩剛監督の選手起用に、疑問を投げかけたのだった。さらには、日本の戦い方についても、苦言を呈する。

「ボールを奪った後、すぐにパスミスをしてしまったり、自分たちがリズムを取れなかった。あとはセカンドボールの回収がうまくいかなかったので、いい形で攻められなかった。トップに入った時に(FWに)クサビを入れてサイドを使うんだったらわかるんですけど、相手のスリーバックというシステムに対応できずに、クサビが入らなかった」

 選手個人については、GKの野澤大志ブランドンとFW細谷真大の名前を挙げて批判した。特に野澤に対しては、厳しい意見を述べている。

「(失点のシーンで)野澤君が前に出たんだったら、ボールに触らなきゃいけない。セットプレーで失点するというのは厳しい。私が見る限りでは、小久保君の方がポテンシャルが高いし、ドッシリしてるというか、最後の砦。雰囲気もそうですし、内容も小久保君の方が数段上」

 野澤よりも小久保玲央ブライアンの起用を強く推した。自身と同じFWとして注目しているという細谷にも、

「細谷君はレイソルでもそうなんですが、決定的なところで決めきれない。私の勝手な印象ですが、外す方が多い気がするので、フィニッシュの精度を上げないといけない」

 城氏が指摘したこれらの問題点を解決して、4月25日のカタール戦に臨むことができるのか。負ければパリ五輪出場は消滅する。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意