女子アナ

6月13日がXデー!「あさイチ」鈴木奈穂子アナが戸惑った「虎に翼」のナゾ展開がついに明かされる

 6月12日に放送された「あさイチ」(NHK)で、鈴木奈穂子アナが困惑の表情を見せてしまった。

 その原因は、同日朝に放送されたNHK連続テレビ小説「虎に翼」第53話の展開だ。主人公・佐田寅子(伊藤沙莉)にとって、懐かしい人物が「意外な姿」で再登場したことで、視聴者だけでなく、次番組の出演者まで困惑させてしまったのだ。

 この日のストーリーを簡単に追うと、以下のようになる。

 家庭裁判所設立準備室へと異動になった寅子は、上司となった多岐川幸四郎(滝藤賢一)のエキセントリックな性格に手を焼いていた。忙しく働く寅子たちをよそに、多岐川は「今日こそ早く帰らねば、いとしの香子(きょうこ)ちゃんの元へ」などと、終始浮かれているのだ。

 気になる寅子は、香子という女性は多岐川の妻なのかと問うと、同僚は「独身のはずだけど」とさらり答え、小橋(名村辰)にいたっては「どうせ、若い女でも囲ってんだろ。ああいうチョビヒゲの奴らはたいていスケ…」と、身もフタもない言葉を放ってしまう。ちなみに、ここで「憶測と偏見です」と、さながら1月期のドラマ「不適切にもほどがある!」(TBS系)のようなテロップ〝注釈〟が入ってしまったほどだ。

 ところが寅子は、ライアンこと久藤頼安(沢村一樹)や、弟の猪爪直明(三山凌輝)から、実は熱心だという多岐川の人柄を知らされて、意外に感じるのだった。

 そして、多岐川らと酒席をともにした寅子は、酔い潰れた多岐川の部下・汐見圭(平埜生成)を多岐川と2人で家まで送り届けた。そして、多岐川が「香子ちゃん、君のいとしの旦那さんが酔い潰れちゃいましたよ」と声をかけた次の瞬間、驚きの人物が登場する。

 出てきた女性はなんと、寅子が明律大で一緒に法学を学んだ、朝鮮に帰国したはずのチェ・ヒャンスク(ハ・ヨンス)だったのだ。

 だが、あ然とした表情で驚く寅子と顔を合わせると、香子ちゃんこと、ヒャンスクはなぜか気まずそうな表情を見せた……。

 そこで番組は終了するのだが、続く「あさイチ」の冒頭で、鈴木アナと博多大吉が混乱した表情を見せていたのが印象的だ。いかに謎が謎を呼ぶ展開だったのか、テレビ誌ライターが話す。

「多岐川と汐見がなぜ一緒に住んでるのか、ヒャンスクはなぜ汐見の妻になっているのか。見た人、全員が困惑しているようですね。今週は、明律大の同僚で判事になっていた花岡悟(岩田剛典)の非業の死にはじまり、同じく大学同期の轟太一(戸塚純貴)や山田よね(土居志央梨)が無事だったことが判明するなど、視聴者のメンタルがジェットコースターのように揺さぶられる展開が続いています。そこに、またも大学の同期が意外な形で再登場ですから。はたしてどうなってしまうのか…」

 ちなみに「あさイチ」には、寅子が勤務していた弁護士事務所の代表・雲野六郎役だった塚地武雅が出演。「ちょっとした気まずさは、明日解決される」と宣言している。絶対に見逃せない第54話となりそうだ。

(石見剣)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】