芸能

西川史子を「高齢者扱い」した小島瑠璃子に「老け顔」「ポスト井森」の声

20150310kojima

 3月3日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、タレントの小島瑠璃子が女医の西川史子を「高齢者」と発言、二人のトークバトルが話題となった。

「まず、西川さんが小島さんの食レポを『大げさ』『“ヤバイ”という言葉ばかり』と批判しました。これに対し、小島さんが『高齢の女性の層の意見が聞けて良かったです』と応酬したんです。西川さんは眉間にシワを寄せて口を手で押さえ、『あんたホントすごいね』と半笑いしてましたね。小島さんは以前、さんまさん司会の別番組でもバトルを起こしています。特技を披露するコーナーで優勝者を決めるようさんまさんに求められ、選ばれなかったデヴィ夫人がブログで小島さんを痛烈に批判し、話題になりました」(週刊誌記者)

 その時は後日、小島が謝罪をしたが、今回も遺恨を残すバトルになるのだろうか? 芸能プロ関係者が語る。

「『さんま御殿』は対立軸を作る際、前列中央に言い合う人材を配置するんです。潔癖について坂上忍と安田美沙子がバトルしたのもそうですね。今回も二人はそれに応じて行動しただけ。もっとも、台本のセリフとかはなく、さすがに『高齢』発言には西川さんも一瞬、ムッとしていましたね。ただ、小島さんはきちんと楽屋で謝っていますし全く問題ありません。そもそも二人は同じホリプロ所属。嫌うどころか、小島さんのことを可愛がっています」

 出来レースとはいえ、ネット上では、二人の“プロレス”に大盛り上がり。

「ただ、年齢をイジったことで西川世代の女性には、不評を買ってしまっています。ネット掲示板では、『こじるりこそ口角が下がってへの字口だから、相当老けて見える』『若いのにすでに榊原郁恵、井森美幸路線に乗ってしまっている』と辛らつなコメントが並んでいます」(芸能ライター)

 今回は小島の頭の回転の良さゆえの騒動と言えそうだが、今後も彼女には舌鋒鋭い「バラエティ発言」が求められていきそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史