スポーツ

プロ野球「オープン戦」で感じた“メジャー帰り4人”の評価は?(4)オ・中島は自慢の打撃にも狂いが生じている

20150312d

 対して、オリックスの中島裕之(32)は2年間、メジャー昇格もなく日本球界に復帰してきた。期するものがあるはずだが、キャンプを通して“太め残り”ばかりが注目されてきたのだ。

 各地を視察し、中島とも直接話したプロ野球解説者の伊原春樹氏が言う。

「渡米した選手は、ウエートトレは増やす一方で、どうしても日本では強制的に行っている苦しいランニングの量が減ります。中島は2年間もそうした練習に慣れてしまい、今は守備を見ても動きが重いですね。かつて重めで帰国した西岡や岩村を見ても、脚力まで落ちていました。天才型のバッティングを披露するためにも早く体をしぼらないと」

 ところが、自慢だった打撃にも狂いが生じているようなのだ。

「2月16日にキャンプ地を訪れた、前ソフトバンク監督の秋山幸二氏が中島を指導しました。バックステージに引き揚げた秋山氏は『おかしくなって治ってねえな』とこぼしていたそうです。要は、米国でムービングボールに適応しようと誤っていじったフォームが再修正できていないため、かつてのよさまで消えてしまったというのです。実は昨年、中島は2Aの試合で守備中に走者と接触して左腕を骨折したのですが、病院で治療せずに治してしまった。今後、フルスイングした際にボキッといってしまうようなことがなければいいのですが‥‥」(球界関係者)

 さらには、渡米前から指摘されてきた守備難もそのままだという。

「中島は遊撃手としてレギュラーを張ることしか考えていないようですが、現場からは『現状を考えると安達了一(27)のほうが上だな』との声が上がっている。それでも中島に危機感はなく、一塁の練習をさせられて、マスコミに『遊びでしょ』と話していました。小谷野もいますし、選手内からは『獲る必要があったのか』との声まで出ているんです」(スポーツライター)

 伊原氏が言う。

「中島に限らず、監督がものを言えるかでしょう。メジャー帰りだろうが、ものが言えるか言えないか。各選手に実力があっても、そこに落とし穴があるかもしれませんね」

 まだオープン戦だが、シーズンはすぐに開幕してしまう。メジャー帰りだろうが待ってはくれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!