芸能

ねづっちのWコロン解散エピソードに反論あり!?相方・木曽は「憎んでます」

20150604wcolon

 元・Wコロンのねづっちが6月1日放送の日本テレビ「芸人報道 緊急1時間スペシャル」にて、相方だった木曽さんちゅうに対する不満を暴露した。2010年に「整いました!」の謎かけ芸でブレイクしたWコロンだが、近年は2人の不仲が話題の中心に。今年4月1日付けで解散し、現在はお互いにピン芸人として活動している。

 番組ではねづっちが、不仲エピソードを暴露。お互いに自由に意見を言い合うはずが、実際に意見がぶつかると4歳年上の木曽が、「言うとくけどオレ、年上やからな!」と主張していたという。これに対して共演者からは「それはいかん!」などの声があがっていた。

 世間一般では、謎かけ芸でブレイクしたねづっちに木曽が嫉妬したことが不仲の原因とされているが、その見方に異を唱えるのはお笑いに詳しいライターだ。

「ブレイクしてからは木曽がオマケみたいに見えていましたが、ブレイク前はむしろ、ねづっちのほうがオマケでした。木曽はトークが上手くて気配りもできるので、イベントの司会を頼まれることも多いんです。一方で、ねづっちは自分が目立ちたいタイプ。コンビ芸には不向きなんですが、一人だと空回りしがちなので、合いの手が上手い木曽とのコンビがハマっていたわけです」

 だが謎かけ芸でブレイクすると、ねづっちは木曽のセリフである「その心は?」すら自分で巻き取ってしまう始末。決めゼリフの「ねづっちです」までのすべてをひとりで完結する流れにしてしまっていた。これでは木曽の立つ瀬がないのも当然だろう。

 またねづっちは、周りからの評判もあまり芳しくなかったようだ。前出のライターが続ける。

「サインを求めるファンに対しては、面倒くさいのか不愛想な表情をすることも。芸人ウケもイマイチで、バカリズムが番組で『テレビを見ていて苦手だと思った』と語るなど、他の芸人と絡むこともほとんどありません。Wコロン以前に組んでいたコンビでも、相方は謎かけ芸を面白く思っていなかったようですね」

 コンビ解散後はYouTubeに活路を見出したようで、「ねづっちチャンネル」を開設。毎日のように動画を投稿しているが、視聴回数は100回程度に過ぎず、とてもユーチューバーとして稼げるレベルには達していないようだ。

 一方の木曽はケーブルテレビ局の情報番組でレギュラーを務めたり、各種のイベントで司会やMCを務めるなど、地道に活動を続けている。フットワークの軽さで評判も上々のようだ。木曽によく仕事を依頼するという芸能関係者は、こんなエピソードを教えてくれた。

「木曽さんに、本当にねづっちのことが嫌いなのかって聞いてみたんですよ。そうしたら、『嫌いというか、憎んでます』みたいな返事が返ってきて驚きましたね」

 憎まれっ子、世にはばかるというが、ねづっちはまだその域に達していないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性