芸能

究極の受け身系!「世界8位の美貌」桐谷美玲を口説けるのは山本耕史だけ!?

20150920kiritani

 桐谷美玲は19日公開の主演映画「ヒロイン失格」で“私が好きな男性”と“私を好きな男性”の間で揺れ動く女子高生という役どころを演じる。

 桐谷は先月31日に行われたジャパンプレミアで、実際にこういう状況ならどっちを選ぶという報道陣からの質問に対して「結婚するなら、“私を好きな人”。だって、愛されたいもん」と回答しているが、はたしてそれは本意なのか。

 世の男女にとって恋愛の一大イベントであるバレンタインに関する過去のエピソードを振り返ってみたところ、確かに桐谷は究極の受け身系女子であるようだ。

「彼女の学生時代のバレンタインエピソードは意外にも苦いものばかり。小学校の頃は、人気者の男子に手作りチョコを渡そうとするも、行列ができていて渡すことを断念したそうです。高校時代はラグビー部のマネージャーを務めており、部員全員にチョコをプレゼントしていたようだが、もちろん全て義理チョコ。中学、高校では本命チョコをいっさいあげたことがないと語っています」(芸能誌ライター)

 その後、女子大を2年間の休学を挟み、7年かけて今年3月についに卒業。その間、11年にドラマでの共演した俳優・笠原秀幸から猛アタックを受け、交際に発展。だが、最近は音沙汰もなく、破局説も流れている。

「現在はモデル、女優業に加え、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でキャスターも務めている身。まだまだ仕事を積極的にこなしていきたいといったところでしょうか。また、同番組で進行キャスターを務める山岸舞彩も結婚を機に9月いっぱいで番組降板を発表しています。直接的には関係ありませんが、真面目な桐谷なりに『私が頑張らないと』という気持ちが芽生えているかもしれませんね」(週刊誌記者)

 とはいえ、アメリカの映画サイト「TC Candler」が毎年恒例で発表する「世界で一番美しい顔ベスト100」の2014年版で8位に輝いている桐谷。世界が認めた絶世の美女なら、道に立っているだけで“愛してくれる人”候補が寄ってくるはず。つまり浮いた噂が立たないのは、男の好みのハードルが異様に高いのだろうか。または、受け身が染み付いている彼女を口説くには、なりふりかまわぬ猛アタックが必要なのかもしれない。

「もしも第二の山本耕史が出てきたら、いつの間にか陥落‥‥なんてことがあるかもしれませんね(笑)」(前出・週刊誌記者)

 意外な豊満ボディもあきらかになっただけに、桐谷ファンはなかなか安心できないようだ。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”