芸能

「スポーツ王」テニス対決、とんねるずの「イージーミス」に視聴者がイラ立ちまくり

20160112tonnerzu

 新春の1月2日、とんねるずが有名アスリートたちとスポーツで競い合う、正月恒例のバラエティ特番「夢対決!2016 とんねるずのスポーツ王は俺だ!5時間スペシャル」(テレビ朝日系)が放送されたわけだが、対決種目の1つであるテニスで、錦織圭と彼のコーチであるマイケル・チャンがとんねるずの対戦相手として参戦した。

 しかし、石橋貴明が「(とんねるず)2人でやるのは時間のムダ」と言い放ち、即座に自チームの助っ人として、14年の全米オープンの覇者マリン・チリッチと、01年ウィンブルドン覇者で現在はチリッチのコーチを務めるゴラン・イワニセビッチを呼び、4対2の変則ダブルスマッチへと変更。試合が始まると、錦織らゲストたちはとんねるずの技量に合わせてみごとに試合メイク、その場を盛り上げた。

 ところが終盤になると、プロたちの高速ラリーはもちろんのこと、錦織はバギーホイップショット、チリッチは205キロのサーブを炸裂させるなど、もはや遊びを通り越し、とんねるずは完全に置いてきぼり状態に。それはそれで世界レベルのテニスで視聴者をクギ付けにしたわけだが、そうなってくると番組の都合上、ときどきしゃしゃり出てくる、とんねるずのイージーミスの連発が視聴者のイライラを募らせてしまったようだ。

「とんねるずなしのダブルスに変えてほしい」「お前ら2人がムダ」「うわーっ、とんねるず邪魔くせえ」など、ネットの書き込みも苛立ち状態に。とくに終盤の高速ラリー中のボールに手を出し、ミスをした石橋には「超シラけた」「全然笑えない」「ラケットの握り方が違うんですけど」と、まさに怒り心頭。番組のホストがすっかり“お呼びでない”存在に。試合後に感想を求められたイワニセビッチが「とんねるずはテニスやめたほうがいい」とジョークを飛ばすと、これに対しては喝采の嵐となってしまったのだ。

 バラエティ好きが笑えず、スポーツファンも欲求不満では、企画は完全に失敗。五十路も半ばにさしかかったとんねるずの2人に頼らず、スポーツバラエティ特番も新たに練り直すときがきたのかもしれない。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
2
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
5
全国旅行支援トラブル続出でクレームの嵐!対象店で「クーポン使用不可」の理不尽