芸能

1000人アンケート!もう一度見たい美女の一糸まとわぬ姿(3)「高岡早紀が写真集で見せた衝撃のイメチェン」

20160121w

 5位以下も、老若入り乱れての、ヌキ差しならぬ熾烈な争いとなった。

 Eカップに1億円の保険をかけた井上晴美(41)は、惜しくも13位。

「豊満なバストとボディが魅力的。長方形のヘアが印象的だ」(長野県・無職・70歳)

 トップ10を逃した理由を文献書院・峯岸隆人氏が分析する。

「年齢的にも肉体的にも、脱ぐにはバッチリのタイミング。しかし、スキンヘッドになったことで、一部男性からの食指をそいでしまった。旬という意味では、9位のビビアン・スー(40)も根強い人気です」

 17位は高岡早紀(43)だ。

「デビュー当時は歌手でも女優でも売れなかったが、衝撃のイメチェンだった。ヘアが気にならないくらいきれいなお椀形の巨乳は、今でも目に焼き付いている」(宮城県・飲食業・66歳)

 多くのモノクロ写真で構成された高岡の作品を、掟ポルシェ氏が述懐する。

「堀越高校時代からメロンパンのような乳だと噂を聞いていたが、双丘のど真ん中にある乳首がまさにメロンパンそのものだと確認できた」

 23位でも熱~い思いがほとばしったのが杉田かおる(51)だ。

「小学生の時に『金八先生』を見て以来、憧れの人でした。初ヘアに興奮して、まるでオナニーを覚えたての中学生のように10回もコイてしまった。せっかくの写真集を汚してしまったので、新たに買い直しました」(茨城県・酪農・46歳)

 28位は撮影したものの出版前に翻意、記者会見では英語で恨み節をまくしたてた藤田朋子(50)。

「発売禁止になったが、何とか入手した。芸能界はだまされて身ぐるみ剥がされる怖いところだと思った。が、それより尻の穴まで見えそうなドすけべな写真に、おったまげました」(神奈川県・旅館業・51歳)

 玉石混交のヘアヌード史を前出・掟氏が振り返る。

「今は清純派がいきなり脱いだら反感を買う時代だけに、トップアイドルのヘアは難しい。その点、10位の壇蜜(35)は、ヘアを機に何ランクも上の仕事を手中にしました。今もエロを否定しないところが崇高です。借金返済、汚名返上のヘアヌードが成立した時代が懐かしい」

 これからも、売名、告発、一発逆転──どんなヘアヌードでも歓迎します!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声