芸能

はんにゃ「しくじり先生」出演でわかった、番組サイドの“ネタ切れ感”

20160403hannya

 お笑いコンビ「はんにゃ」の金田哲と川島章良が、4月4日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!2時間スペシャル」(テレビ朝日系)に“大学生レベルなのに芸人になっちゃった先生”として出演。「自分の実力不足に気付かずに行動して大恥をかかないための授業」を行うことがわかった。

「ずくだんずんぶんぐんゲーム」のネタで、09年に女子中高生を中心に大ブレイク。“好きなお笑い芸人ランキング”でも1位を獲得するなど「ポスト・ナインティナイン」としてテレビに引っ張りだこの存在だった。

「2人は『爆笑レッドシアター』『ホメられてノビるくん』『キャンパスナイトフジ』などにレギュラー出演していたほか、初の冠番組『はんにゃのこの手があったか!』をスタートさせるなど、まさに時代の寵児として人気を博していました。その人気ぶりたるや、翌年にはんにゃ、ロッチ、フルーツポンチ、平成立川ボーイズの4組の中からオールナイトニッポンのレギュラーを賭けてリスナー投票が行われた際に、はんにゃが見事獲得したことでも伺えます」(テレビ誌記者)

 しかし、雲行きが怪しくなってきたのはこの頃から。毎回ゲストを呼ばないと2時間もたない程のトーク下手は、鳴り物入りで始まったラジオ番組はわずか1年で打ち切られる事態に。さらに、テレビ番組も思いのほか視聴率が振るわず人気は急落していった。

「その後、どん底から再浮上したというのならば『しくじり先生』の起用も納得いきますが、現在も正直しくじったままの印象の二人が講師では、番組のコンセプトが揺らぎます。実際、番組ではんにゃの2人はしくじりの原因を『実力不足だった』『大学生レベル』の笑いの実力であったと分析したそうですが、これに対してもネット民から『大学生に失礼だ。もっと面白い大学生はたくさんいる』となじられるほどの現状。どん底から巻き返しているからこそ笑えるのであって、しくじったままでは笑えません。これにはさすがに番組サイドの“ネタ切れ感”も否めませんね」(エンタメ誌ライター)

 深夜番組から始まりゴールデンタイムに進出。数々のテレビ業界での賞を受賞してきた「しくじり先生」だが、はんにゃ同様番組自体がしくじらないことを願うばかりだ。

(佐藤マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“杏が離婚決意”報道で急浮上した東出昌大「謝罪会見で堂々と大ウソ」疑惑!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
浜辺美波が「彼氏がいたことない」白状、高校卒業後も“男性未経験”を継続中?
4
山咲千里、「現在の姿」に驚愕反応が続々も「含蓄ある発言」に賛同の声!
5
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!