芸能

また山崎賢人?また同じ監督?「斉木楠雄のψ難」実写化で原作者とファンがボヤキ節

20160808yamazaki

「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気ギャグ漫画「斉木楠雄のψ難」の実写映画化が約1年半前に発表されていたが、その続報が届き、主人公の斉木楠雄役を山崎賢人が務めることが発表された。

 山崎といえば「オオカミ少女と黒王子」「orange」「ヒロイン失格」など多くの少女漫画原作の実写映画に出演。また一部メディアの報道によれば、同じく「週刊少年ジャンプ」で連載されていた「ジョジョの奇妙な冒険」も山崎が主演を務めるのではという噂も上がっている。

 それだけに、山崎主演で新たなる実写作品が発表されたことについては「ふざけんな、また山崎かよ!」「誰のマンガでも実写は同じ顔かよ!」という批判の声が非常に多いが、どうやら同じようなバッシングをくらっているのは山崎だけではない。

 同作でメガホンをとるのは、ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画「HK/変態仮面」などを手掛けた福田雄一。福田は先月、これまた「週刊少年ジャンプ」で連載中のギャグ漫画「銀魂」でも監督を務めることが発表されている。

 そのため、ネット上では「え、斉木楠雄も福田なの?」「福田は嫌いじゃないけど、安易すぎないか?」「1本に集中してくれよ」など、原作ファンのみならず不満を抱く人が多い。

「コミックの実写化はこのところ失敗作が多い。そういう意味で及第点のものを作れる人に両方任せるのは安全策ともいえますが、たとえばアメリカのマーベルコミックでも、ヒーローごとに実写の監督は必ず変えています。そうでないとカメラのアングル、ライティング、セリフ回し、ストーリーの起伏など、必ず似てしまいますからね。『斉木楠雄~』の原作者・麻生周一氏も『ていうか監督一緒じゃん!!』とツッコんでますし、福田氏に向けて『“銀魂”の片手間でやったりしませんよね?』とコメントを出しています。これはあながち冗談ではないでしょう。ほぼ同時期に作るわけですから、言えるのは、どちらかだけ名作になることはないということ。どちらも成功するか、どちらも失敗するかでしょう」(映画ライター)

 とはいえ、出版社と配給会社は「どちらもそこそこ」を狙っているとしか思えないのだが‥‥。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
3
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃