事件

元アパレルOLが「医師集団鬼畜行為」を慟哭告発!(1)逃げられないようドアに細工

 人命を預かる医師による女性に対して暴行を振るう凶悪犯罪が社会に衝撃を与えた事件は、まだ記憶に新しい。だが、表面化したのはほんのひと握り。量産される「勘違い医師」たちは日々、性行為を目当てに、鬼畜な「院外診療」に及んでいる。新たな被害女性が慟哭告発するその実態とは──。

 船橋中央病院(千葉県船橋市)の研修医・上西崇被告(32)、東京慈恵医大附属病院(東京都港区)の皮膚科医・松岡芳春被告(31)、そして東邦大学医学部の学生・柁原龍佑容疑者(25)。これは2月16日に集団準強姦容疑で埼玉県警に逮捕された面々である。上西被告と松岡被告はともに、東邦大学医学部の出身。主犯格と目されているのは上西被告で、この事件以前にも準強姦と集団強姦で4度の逮捕歴がある「レイプ常習犯」だった。

 逮捕のきっかけとなったのは昨年4月。上西被告が借りていた東京・大田区内のマンションで3人が共謀し、10代後半の女性に無理やり酒を飲ませて泥酔させ、コトに及んだ一件である。

 東急線蒲田駅の出口から徒歩1分、居酒屋やレストラン、税理士事務所などが入る雑居ビルの5階に「ヤリ部屋」はある。3人はこの部屋を飲食店と偽り、女性をおびき寄せていた。5階のベランダには木製のパーテーションが立てられ、今も「悪夢のパーティ」が行われた余韻が残っている。

 彼らの計画は周到で、悪質極まりない。3月3日に行われた上西被告の公判によれば、上西被告が「バーベキューパーティをしよう」と声をかけ、「ヤリ部屋」に複数の女性をおびき寄せていた。

「パーティ」現場では、女性たちに「罰ゲーム」と称して一気飲みを強要しながら、上西被告はウォッカの瓶に入れた水だけを飲み、シラフのまま。スマホのメッセージアプリを使って「次はこっちの子を酔わせる番だ」などと計画を進めていた。さらには女性が容易に逃げられないようドアノブに細工まで施す、身の毛もよだつ外道ぶりである。こうして夜な夜な、多くの女性がレイプ医たちの毒牙にかけられたのだ。

「真夜中にギャーギャー騒ぎ声が聞こえてくるので迷惑だった」

 と話すのは、近隣住民である。

「昨年春の平日午前8時頃、雑居ビルに面した道路で若い女性が酔い潰れているのを見ました。今思えば、あの部屋から出てきた子かもしれない」

 松岡被告と同じ病院に勤務する看護師女性は言う。

「強姦事件の犯人と一緒に働いているなんて、考えたこともなかったです。同僚からは『一見、爽やかでニコニコしているけれど、腹の中では何を考えているかわからない不気味な人だった』という話を聞いてはいましたが‥‥」

 医師や医大生による蛮行が露呈したのは、この一件だけではない。昨年11月には、千葉大の医学生3人と彼らを指導する研修医が集団強姦致傷と準強制わいせつ容疑で逮捕された。居酒屋での飲み会で酔った女子学生をトイレに連れ込み、介抱する振りをしてかわるがわる暴行。それでも飽き足らず、医学生の1人の自宅に連れていき、早朝までレイプし続けたのだった。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった