芸能

「距離疑惑」に「罵倒音声」漏洩…24時間テレビ「40年の黒歴史」を大公開!

 今回で40回目を迎える「24時間テレビ40」(日本テレビ系)。メインパーソナリティーは嵐の櫻井翔、KAT-TUNの亀梨和也、NEWSの小山慶一郎で、初めて同一事務所のグループ越境トリオが務める。

 1978年に幕を開けた同番組だが、その長い歴史の中では、“黒歴史”と言える事件もあった。テレビ誌の現役編集者は言う。

「僕が現場取材をした2006年のチャリティーマラソンランナーは、アンガールズ。田中卓也と山根良顕はともに180センチを超える長身ながらも、体重は50キロ台。“最弱ランナー”が売りでした。が、2人が走っている姿をモニターで観ていた芸人の声が流れてしまったんです。オフだと思っていたようで、『マジでひでぇな』、『気持ちわりぃ』と言いたい放題でした。声の主は、インパルスの堤下敦と板倉俊之。ドス黒い発言のすべては、またたくまにネットで拡散され、2人の好感度は一気に下がりました」

 恒例のマラソン企画も、今ではいわく付き。西村知美が100キロマラソンに挑戦した2002年、午後6時すぎで残り30キロだったが、約1時間後には残り10キロになっており、世界記録を上回るペースになってしまった。この距離ゴマカシは、ほかランナーの時にもたびたび取り沙汰される。

「熱湯コマーシャルでバカ正直なリアクションを取ってしまったのは、07年の小島よしお。本家本元のダチョウ倶楽部がいる前で、熱い風呂にドボン。しかし、持ちギャグの『そんなの関係ねぇ~』をやりきってしまい、司会の爆笑問題・太田光に『熱いという前提が壊れちゃったよ』と言わせてしまいました。爪跡を残そうとした小島さんが、全芸人を敵に回した瞬間でした」(前出・テレビ誌編集者)

 8月26日と27日に放送される今年の「24時間テレビ」でも「黒歴史」は作られるだろうか。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」