芸能

中1なのに老けすぎ?「池の水ぜんぶ抜く」の芦田愛菜がシブすぎた!

 テレビ東京の人気シリーズ「池の水ぜんぶ抜く大作戦」の第4弾が9月3日に放送され、女優の芦田愛菜が初登場。千葉県の自然公園で池の水抜きに挑戦した。以前から同シリーズを観ていたという芦田は、胸元まである防水ズボンを履いて、泥だらけの底を現した池にイン。だが泥にハマった脚が自力では抜けなくなってしまい、巨大なタライに乗せて岸まで運ばれるという失態をさらしていた。

 そんな姿にも視聴者からは「可愛い!」との声があがるあたりは、名子役として名を馳せた芦田らしいところだろう。ところがその芦田に対して「思っていたのと違ってビックリ!」という声もあるというのだ。テレビ誌のライターが語る。

「芦田の話し方がとても中1とは思えないほどに大人びていたのです。むしろ老成したと表現したほうがぴったりな感じですね。何しろ池の中でバランスを崩すような場面でも『キャー!』とか『ウワー!』といった声が出ないのですから、感情の起伏に乏しいのではと思ってしまったほどでした」

 たとえば排水ポンプにホースを接続する場面では「うふふふ、ここが回らない」とお嬢様らしい笑い声。水が抜けた池を目にした時は「うほー、ほー! すごいな、すごい!」と、まるでオジサンのようだ。その後も何かに感嘆するたびに「おー!」という声が口をつき、その様子は中1女子というよりもほとんどオジサンだったのである。

「傑作だったのは池の泥に脚がハマった時。『抜けない‥‥足が抜けません、進めません。お、いけそうですね、足抜けてきました』と、まるで実況アナウンサーですよ。そして岸にたどり着くと『よいしょ、よいしょ。ああ疲れた。あー、出た出た』ですから、むしろその声に笑ってしまいました」(前出・テレビ誌ライター)

 そんなオジサン臭すら漂った芦田だが、ドラマであれば中1女子らしい嬌声も出してくれるはず。ここはぜひ年齢相応の役を演じて、オッサン臭いという声を封じてもらいたいものである。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚