芸能

【祝!解禁】20歳の芦田愛菜に出てほしい「非優等生な昭和的アルコールCM」はこんな感じ!

 芦田愛菜が6月23日、20歳になる。2022年に成人年齢が18歳に引き下げられたことで、彼女が新成人になったとのニュースを聞いた時には「あの愛菜ちゃんが成人とは、時が流れるのは早いもんだのう」と思わず遠い目になってしまったものだが、あれからさらに2年が経っていたとは。

 で、20歳ということは、いよいよ「アレ」が解禁となるわけだ。昨年、阪神・岡田彰布監督は最終的に「アレ」で封印していた「優勝」の言葉を解禁したが、愛菜ちゃんの解禁はもちろん「お酒」だ。

 あれだけ好感度の高い彼女だから、どこのメーカーもとっくにオファーを検討、もしくはかけているはずだ。それこそ、ひと足先に20歳になった鈴木福くんと、サシ飲みするような演出のものならその効果は抜群だと思うが、どうだろうか。

 若者のアルコール離れが叫ばれて久しい昨今だけに、それこそ「スマドリ」のCM起用、なんていうのもアリだ。

「スマドリ」を知らない人に念のため説明すると、浜田雅功(ダウンタウン)、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、福田麻貴(3時のヒロイン)、亜生(ミキ)らが出演し、ウルフルズの「ええねん」の替え歌で、「飲めなくってもええねん、何を飲んでもええねん♪」と歌うCMのことだ。

 これはアサヒビールが提唱する新しい飲み方のことで、公式サイトでは、次のような解説がある。

〈お酒を飲みたい時、飲めない時、そしてあえて飲まない時、飲む人も、飲まない人も、ひとりひとりが、自分の体質や気分、シーンに合わせて、適切なお酒やノンアルコールドリンクをスマートに選択できる飲み方を指す「スマートドリンキング 」の略です。 アサヒビールの飲み方の多様性の提案です〉

 この「スマドリ」を推進するべく、アサヒビールは電通デジタルの合弁会社となる「スマドリ株式会社」を設立しているそうだ。

 それこそ「飲み方の多様性」などというものを訴求するCMなら、我々が抱く理想の優等生である、愛菜ちゃんのイメージにこそぴったりな気がするのだが。愛菜ちゃんからのメッセージであれば、老若男女が耳を傾けることだろう。

 しかし、ここまで書いて、ふと気が付いた。現在、愛菜ちゃんは「サントリー天然水」のCMに起用されている。ということは、アサヒビールの「スマドリ」CM起用の可能性はまずない、ということが判明した。「吉本芸人の飲み会」的な今の演出は、もうひとつ面白みに欠けるだけに、ここは愛菜ちゃんにご登場願いたかったのに…。

 それはともかく、成人になった愛菜ちゃんには、なにかしらのお酒のCMに出演してほしい、というのは正直なところ。

 できれば最近ありがちな、明るく健康的なものじゃなくて、それこそ昭和の時代に見たような、ちょっと色っぽくてどこかメランコリックなものをお願いしたい。例えば大原麗子の「サントリーレッド」のCM「少し愛して。長~く愛して」とか。優等生なだけじゃない、愛菜ちゃんが見たい。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】