芸能

年配層が離れた「笑点」の視聴率がヤバイことに!林家木久扇が去って「若返り」の功罪

 日曜夕方の長寿演芸番組といえば、「笑点」(日本テレビ系)だ。ところが今、高齢者の「笑点離れ」が顕著だという。

 最近のとある日の視聴率を見てみると、世帯9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東/以下同)、個人全体で5.5%だった。一見、いい数字のようだが、

「M3層(50歳以上男性)が9.0%と高視聴率なのに比べて、M1層(20~34歳男性)は1.2%、M2層(35~49歳)も3.5%と、それぞれ低い。F3層(50歳以上女性)も8.9%であるのに対して、F1層(20~34歳女性)は1.5%、F2(35~49歳)は3.3%となっていました。つまり『笑点』はM3層とF3層の視聴率でもっている、ということになります」(芸能記者)

 では、3年前はどうだったのか。

「2021年10月24日の放送を例にとれば、世帯13.1%、個人8.5%。M3層が13.7%、F3層は13.0%でした。つまりM3層、F3層は3年間で4%も減っている計算になる。メインターゲットである年配のお客さんが離れていることは否めない」(前出・芸能記者)

 ここまで年配層がいなくなってしまった理由について、放送作家は次のように分析した。

「一概に断定できず、複合的であることが多いですね。もしかしたら、かつての『笑点』の雰囲気が薄れた、というのがあるかもしれない。今年3月末、番組開始から55年間レギュラーだった林家木久扇が勇退しました。この時の世帯視聴率は13.9%、個人7.9%でした。木久扇は『いやんばか~ん』『木久蔵ラーメン』などの鉄板ネタを武器に親しまれた、唯一無二のキャラ。『笑点』の黎明期を支えた大御所がいなくなるのは、やはり長年のファンにとっては寂しいものです。昨年4月には、亡き三遊亭円楽さんの抜けた穴を春風亭一之輔が、そして今年4月からは木久扇の後任として立川晴の輔がそれぞれ出演しています。一気に若返りが図られました」

 その分、年配層が置き去りにされている感覚に陥ったとすれば、皮肉な話である。メンバーを変え続ければ100年は続くと言われていた「笑点」の今後が、一気に心配になってくる。

(三輪民夫)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】