芸能

「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気

 明石家さんまが10月7日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、木村拓哉との特番「さんタク」(フジテレビ系)が、来年の正月に放送決定したことをぶっちゃけた。

「今年も残すところ3カ月。すでにテレビ業界では、年末年始特番の打ち合わせが始まっていますが、2003年にスタートして以来、正月放送が恒例となっていたものの、SMAP解散騒動の余波で今年は正月放送が延期され、4月10日に放送された『さんタク』についてさんまが言及。18年の放送は『ある』と明言したんです。退所騒動のスッタモンダもなくなり、従来通りの正月放送に戻るようだ」(ネットライター)

 だが、放送に至るまでの間に二人を巡る大きな問題が生じる危険性があるという。

「今年4月の放送は、初のゴールデンタイム放送だったし、なおかつ世間ではその一挙手一投足が注目されていた中でのオンエアでした。それなのに視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と2ケタギリギリ。内容が木村がさんまの1日付き人を務めたり、女性タレントと男性芸人の合コンにさんまと木村が参加するといったもので、手間も暇も金もかかっておらず、木村ファンにも大不評でした。企画を練り直さないと、次回の視聴率が半減するのは間違いないでしょう」(テレビ誌記者)

 オンエア時、さんまは心労を抱える親友の木村に遠慮し、正月の放送を回避したことを明かしていた。だが、木村はTBSの正月特番に出演するなど、さんまのいたわりを無視、気持ちを逆なでしたのだという。

「さんまは『さんタク』の冒頭で、木村にいかに気を使ったかを声高に連呼して猛抗議していましたが、木村はまるで意に介しませんでした。さんまは『27時間テレビ』(フジ系)の名物企画『さんま・中居の今夜も眠れない』が今年は放送中止になったことを中居以上に気に病むなど人一倍デリケートな性格ですから、木村の態度にカチンときたのも当然でしょう」(芸能ライター)

 今後、そんな気持ちのすれ違いが画面から見てとれるほど、2人の仲が悪化しているかもしれないのだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由