芸能

吉岡里帆「水着仕事が嫌だった」発言は“今後は水着も脱ぐ”サインだった!

 今夏、放送されたドラマ「ごめん、愛してる」(TBS系)でヒロインを務めるなど、現在、最も旬な女優のひとりである吉岡里帆の発言が波紋を広げている。

 彼女はカルチャーサイト「She is」で、シンガーソングライターの吉澤嘉代子と対談。

 演技や芸能活動をテーマとして忌憚のない会話を展開していたこの対談で、とりわけ注目を集めているのが、吉岡による「過去の水着仕事」に関する発言だ。

「水着姿なんて絶対出したくなかった」「両親からも『本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ』という教育を受けてきた」と率直に語り、女優活動を行う上での“ハンデ”とまで表現した彼女。

「綾瀬はるか、長澤まさみ、新垣結衣ら“水着仕事を経た先輩女優”に対して失礼」といった指摘など、ネット上ではネガティブな意見も散見されるが、“生粋の吉岡里帆ファン”の意見は少し違うようだ。

 吉岡の発言を知り「正直、ありがたい気持ちが大きかったですね」と語るのは、彼女のデビュー時以来の熱狂的ファンを自任する芸能記者である。

「それだけの覚悟を持って水着の仕事に挑んでいてくれていたということですし、対談でも『今ではグラビアをやってよかった(と思っている)』と前向きに振り返っていた。ファン冥利に尽きますよ」

 そう語る同氏は「あえて今、里帆ちゃんが水着仕事に言及してくれたということ自体、大きな意味を感じます」とも言う。

「彼女は女優としてブレイクするまで、あの童顔からは想像もできない美バストとプリプリの美ヒップを惜しみなく見せてくれる“グラビア界の宝”でした。我々ファンは、突然の“脱・水着”にはかりしれないほどのショックを受けていたんですが、今回の発言で“希望の光”が見えたんです」(前出・芸能記者)

 熱狂的ファンが見る“希望の光”とは?

「現在の女優業に絡めて過去の水着仕事について、『今ではグラビアをやってよかった』と振り返る前向きな姿勢からは、今後は肌見せを封印するというよりも、グラビアの水着仕事で得たものを女優業に活かす、すなわち“女優として脱ぐ覚悟”を表明していることが感じられるんです。グラビアでの肌見せをはるかに凌ぐ“完脱ぎ解禁”を映画で実現してくれれば何よりですね」(前出・芸能記者)

 彼女の発言が「女優として脱ぐ」シグナルだったのか、今後を注視したい。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
4
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?