芸能

吉岡里帆「水着仕事が嫌だった」発言は“今後は水着も脱ぐ”サインだった!

 今夏、放送されたドラマ「ごめん、愛してる」(TBS系)でヒロインを務めるなど、現在、最も旬な女優のひとりである吉岡里帆の発言が波紋を広げている。

 彼女はカルチャーサイト「She is」で、シンガーソングライターの吉澤嘉代子と対談。

 演技や芸能活動をテーマとして忌憚のない会話を展開していたこの対談で、とりわけ注目を集めているのが、吉岡による「過去の水着仕事」に関する発言だ。

「水着姿なんて絶対出したくなかった」「両親からも『本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ』という教育を受けてきた」と率直に語り、女優活動を行う上での“ハンデ”とまで表現した彼女。

「綾瀬はるか、長澤まさみ、新垣結衣ら“水着仕事を経た先輩女優”に対して失礼」といった指摘など、ネット上ではネガティブな意見も散見されるが、“生粋の吉岡里帆ファン”の意見は少し違うようだ。

 吉岡の発言を知り「正直、ありがたい気持ちが大きかったですね」と語るのは、彼女のデビュー時以来の熱狂的ファンを自任する芸能記者である。

「それだけの覚悟を持って水着の仕事に挑んでいてくれていたということですし、対談でも『今ではグラビアをやってよかった(と思っている)』と前向きに振り返っていた。ファン冥利に尽きますよ」

 そう語る同氏は「あえて今、里帆ちゃんが水着仕事に言及してくれたということ自体、大きな意味を感じます」とも言う。

「彼女は女優としてブレイクするまで、あの童顔からは想像もできない美バストとプリプリの美ヒップを惜しみなく見せてくれる“グラビア界の宝”でした。我々ファンは、突然の“脱・水着”にはかりしれないほどのショックを受けていたんですが、今回の発言で“希望の光”が見えたんです」(前出・芸能記者)

 熱狂的ファンが見る“希望の光”とは?

「現在の女優業に絡めて過去の水着仕事について、『今ではグラビアをやってよかった』と振り返る前向きな姿勢からは、今後は肌見せを封印するというよりも、グラビアの水着仕事で得たものを女優業に活かす、すなわち“女優として脱ぐ覚悟”を表明していることが感じられるんです。グラビアでの肌見せをはるかに凌ぐ“完脱ぎ解禁”を映画で実現してくれれば何よりですね」(前出・芸能記者)

 彼女の発言が「女優として脱ぐ」シグナルだったのか、今後を注視したい。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人