芸能

乃木坂46西野七瀬、ドラマ「電影少女」ヒロイン役にファンが悶絶!

 さすがに完全再現は無理だと思うが、どこまで体を張れるかに注目!?

 乃木坂46の西野七瀬が来年1月スタートのドラマ「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」(テレビ東京系)で、ヒロインを演じることが決まり、ファンを歓喜させている。同ドラマは89年から3年間「週刊少年ジャンプ」に連載された原作漫画「電影少女」の25年後を描いた作品で、野村周平演じる主人公のごく普通の高校生・弄内翔(もてうち・しょう)と、西野演じる壊れたビデオデッキから飛び出してきたビデオガール・天野アイの共同生活を描いている。

 西野本人は控えめで内向的な性格だが、演じる役柄のアイは人見知りだが、男言葉も使う快活な少女ということもあって、自身と正反対の役柄を演じることになる。さらに原作ファンからは「原作を忠実に再現してほしい」という声が多いこともあって、西野に求められるハードルはなかなか高いものになりそうだ。

「原作は艶要素も多めな作品ですから、それを清純派アイドルの西野がどこまで再現できるかも見どころでしょう。あくまで原作から25年後ということですから、そこが一つの逃げ道となり、原作とは別物という言い訳もできますが、艶要素を完全に排除するというのは原作ファンとしては悲しすぎるはず。それにドラマの放送時間は深夜の0時20分から。おのずと過激なカットがあるのでは? とも期待してしまいます。漫画好きの西野ですから、漫画を実写化した作品が原作を冒涜するような残念なクオリティーになることの切なさはわかっているでしょうし、原作漫画を読むなど自分なりに工夫して演じてくれるはずで、いろんな意味で楽しみです」(エンタメ誌ライター)

 西野ファンからも「なぁちゃん、この作品に出演して大丈夫なのか?」「少しは脱いじゃうのかな?」「完全再現はないのは分かってるけど、気になり過ぎる」「とりあえず、早く見たい」といった声が上がるなど、とにかく気になって仕方ないようだ。

 13年に放送されたドラマ「49」(日本テレビ系)では、スカートタイプのテニスウェアを着用し、大腿部が見え、あわやアンダーウエアも…という過激ショットもあったりとちょい艶シーンはあったが、原作を見る限りそれ以上のシーンは演じざるを得ないようだ。収録開始を前に西野は「撮影期間中だけでも『イエ~イ』って感じで元気になってみます」と、変身への意欲を語っているが、写真集の水着撮影にも苦手意識がある西野がどこまでの変身を見せてくれるのか注目だ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?