特集

“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!『「テキサス親父の大正論」発売記念拡大スペシャル!』-日本の苦しみが左翼メディアと韓国の喜びなんだ-(上)

Sponsored

20140617texas-father

 ハ~イ! アサヒ芸能読者の皆さん!

 6月27日に、俺の新刊「テキサス親父の大正論:韓国・中国の屁理屈なんて普通のアメリカ人の俺でも崩せるぜ!」(徳間書店)が発売されたぜ!

 そこで今回は拡大版スペシャルってわけだ。

 本では「慰安婦問題」についてたっぷり触れているんだが、この問題を複雑にしているのは「河野談話」と呼ばれるものだよな。それは、強制連行の有無が曖昧にされたまま、当時の官房長官・河野洋平氏が発表したものなんだ。

 今回は、俺の考えた慰安婦問題の対処法について話してみたいと思う。

 6月20日、日本政府が河野談話の検証結果を発表した。作成に当たって、日韓両国の間で綿密なすり合わせを行ったってことが正式に認められたってわけだ。

 これは「談話」というより日韓政府の「作文」だったってことだよな。

 発表後、当事者の河野氏はコメントを出したんだ。

「私は、当時いわゆる慰安婦と呼ばれた人たちが総じてみずからの意思に反して働かされたということに対して申し訳ないという日本人の気持ちが、今も変わってはいないと思っています」

 はぁ? って感じだよな。これを読むと、彼が思うことは「日本人の気持ちが変わらない」ってことだろう。結局、彼は「談話」以来、今に至っても問題を放置しているってことだよな。当事者としての卑怯で無責任な態度に、日本の皆さんが怒る気持ちは理解できる。

 だが、俺はあえてこう言いたいんだ。

 河野談話を非難するだけじゃダメだぜ! ってな。

 彼はただ「韓国にだまされることが正しい」って、政治判断をしただけなんだ。そして、俺は敵を間違えてはいけないと思う。「敵」とは何か?

 まずは、談話発表後の動きを見てほしいんだ。

 慰安婦の強制連行物語を捏造した朝日新聞は、社説として、こう発表したぜ。「慰安婦検証─問題解決の原点に戻れ」ってな。

 そもそも日韓基本条約によって、「韓国の日本に対する請求権」は解決済みだよな。こんな主張をするってことは、連中にとって慰安婦は「問題でなければならない」ってことだろう。

 また韓国政府は、日本の在韓大使を呼びつけて、こう脅したんだ。「信頼を傷つけるだけだ!」ってな。

 慰安婦問題をアメリカにまで持ち込んで、恥知らずな像を建てた国が「信頼」を語るんだぜ!

 韓国マスコミに至ってはこの調子だ。

「河野談話を毀損〈きそん〉し、人類の良心を捨てた日本」「日本の安倍は『反人倫戦争犯罪支持者』の汚名が欲しいのか」

 これらを見て俺は気がついたぜ!

(7月9日配信「下」に続く)

◆プロフィール トニー・マラーノ ★通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!  日本製を買いそろえないと気が済まないばかりか、明治製菓製のチョコレートが大好き。最近、黒木メイサ主演の「1ポンドの福音」にもハマった。現在ダイエットに挑戦しているが、来日中に日本料理を食べすぎたらしく、また太ってしまった。

テキサス親父の新刊「テキサス親父の大正論:韓国・中国の屁理屈なんて普通のアメリカ人の俺でも崩せるぜ!」(徳間書店刊)が好評発売中!

カテゴリー: 特集   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみ、「新幹線のファーストクラス」移動に鉄道ファンがキョーレツ羨望!
2
櫻井翔キャスター、平昌入りで現地日本選手団スタッフに最警戒されるワケ
3
有森也実「99.9」ゲスト登場に視聴者が「これ誰?」と一斉にキョトン!
4
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
5
二階堂ふみの前で絶対に名前を出してはならない共演NG女優とは?