政治

「天皇に謝罪要求」は氷山の一角!?日韓関係を拗らせる韓国「妄言」を大研究

 日韓関係が迎えた最悪の危機に、全国紙の国際部デスクが憤りを露わにする。

「慰安婦問題、徴用工の最高裁判決、レーダー照射問題…深刻な事態が続出する中、韓国首脳から発せられるのはヤケクソとしか思えない開き直り発言ばかり。政治家として事態を収めるべき立場にありながら、反日感情を煽る発言ばかりで開いた口が塞がらない」

 問題発言の主は、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長(73)。2月8日に配信された米通信社・ブルームバーグのインタビューでは、

「天皇は戦争犯罪の主犯の息子ではないか。慰安婦の手を握り謝罪すべき」

 などと、天皇陛下が直接謝罪すれば慰安婦問題は簡単に解決する、という持論を語ったのだ。

 15年の日韓合意で、日本政府が10億円を拠出し、慰安婦問題は「最終的不可逆な解決」を果たしている。即座に河野太郎外相(56)は猛抗議。ところが、これに対して韓国与党・姜昌一(カン・チャンイル)議員(67)は、

「他国の立法府の首長、国会議長に『無礼』という言葉を使うことができるだろうか。とても無礼な発言をした、逆に」

 と河野外相を批判。さらに、李洛淵(イ・ナギョン)首相(66)は、

「日本の一部の政治家らが嫌韓に迎合している」

 など、文議長を援護射撃する一方なのだ。

「近年、今上天皇が激しい戦地となったパラオのぺリリューやフィリピンなどアジア諸国を赴き、慰霊の旅を行っているのは事実です。こと韓国訪問についても中曽根政権時代に始まり、その後も02年のサッカー日韓ワールドカップの際などにもたびたび、計画されてきたが、いまだに実現には至っていない。このような愚弄発言が出る限り、天皇訪韓など遠のくばかりです」(前出・デスク)

 しかし、文国会議長の発言は、決して特殊な例ではない。2月19日発売の「週刊アサヒ芸能」2月28日号では、にわかには信じられない韓国有名人たちの数々の暴言とその「深層」を徹底レポートしている。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
欅坂46、日本武道館公演に一部ファンが「こんな“最後”は…」当惑声のワケ
2
視聴率撃沈の大河「いだてん」に大幅なテコ入れができない理由があった!?
3
すずを追い越すか?業界評が急上昇の広瀬アリスに「周囲がピリピリ」の理由!
4
乃木坂46秋元真夏、「芸能界引退後の夢」告白にファンも全力応援モード!
5
TBS山本里菜、デートでの“ドヤ顔”ショットに「わざと撮らせてた」の声まで!