芸能

「やる義務はない」西川貴教が提起した“アンコール問題”が大反響!

20150707nishikawa

 T.M.Revolutionこと西川貴教には「観客の声が小さいとアンコールは行わない」というこだわりがあるのは有名な話。さる6月28日に佐賀で行われたライブでも、観客のアンコールのかけ声に西川本人が苦言を呈し、アンコールが中止になりかけた。

 そのことに関して、自身がツイッターでアンコールに対するスタンスを2回に渡って説明。そしてこの“アンコール問題”が、今なおくすぶり続けている。

「西川はツイッターに『お客様にアンコールを強要している訳ではなく、アンコールを頂きステージに出ると、スマホを触ったり、着席して談笑されてることがあるので』と前置きしたうえで、『アンコールは演る側も義務ではありませんし、お客様も強制ではありませんよ、というそもそものお話をさせて頂きました』と投稿している。これは西川の言う通りです。西川のように、歌だけでなくアクションも激しいステージになると、アンコールは体力、気力ともにかなり厳しい。ましてや西川はもうすぐ45歳。客に対して観る姿勢を求めたくなる気持ちはよくわかります」(音楽プロデューサー)

 今や“やって当たり前”だと思われているコンサートでのアンコール。しかし、西川の発言はそのあり方を考えてみるいい機会なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 57616
    ストロングすぎる!?雨上がり決死隊・蛍原のおかっぱ頭に史上初の異変が!

    4月27日、「スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー」の記者発表会が開催され、CMでお馴染みの「雨上がり決死隊」の2人が

  2. 62097
    この3つがNG習慣!急速に増加中、目のピントが崩壊する「スマホ老眼」とは?

    近頃、ふとした瞬間に「あれ?目のピントがおかしいぞ…」。そんな感覚を持った人はいないだろうか?もしも、答えが「YES」で、さらにあなたが

  3. 58844
    夫の昔と今のギャップで離婚を考える妻も!小林製薬が発表した驚愕の調査結果

    インパクトのある商品名を付けることでお馴染みの小林製薬が「ナイシトール」発売10周年を記念して、「夫の昔と今のギャップに関する調査」を実

注目キーワード

人気記事

1
完全に罰ゲーム!険悪空気の「SMAP×SMAP」が金メダリストを出演させ批判殺到
2
「24時間テレビ」でオリラジ藤森と寝た女性スタッフが特定される放送事故!
3
高畑裕太がトイレまで執拗に追いかけ…“マナカナ”三倉茉奈も襲われる寸前だった!
4
他人には毒舌なのに…有吉弘行、生放送での歯切れの悪さに「最低」「見損なった」
5
ジャニーズよりDAIGOを見せろ!「24時間テレビ」によもやの怒号殺到