芸能

「ありがとう文春!」ベッキーが会見前日に川谷と交わした噴飯モノの蜜月LINE

20160121becky

「週刊文春」1月7日発売号で、人気バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との禁断愛をスクープされたベッキー。

 発売前日には急遽、釈明会見を開いて“友人関係”を強調。「誤解を招くような大変軽率な行為だった」と謝罪。一部スポーツ紙の報道では、2人は「もう二度と会わない」と周囲に約束したとも報じられた。

「文春は翌週も川谷の妻の告白記事を掲載。川谷は釈明のFAXこそ流したものの一向に会見を開こうとせず、1月17日のフリーライブでも演奏直後に逃走する始末。世間の声は川谷批判に集中していました」(芸能ライター)

 いちばん悪いのは川谷。被害者は奥さん。それで間違いはないのだろうが、ここにきてあらためてベッキーに矛先が向かいかねない記事が、1月21日発売の「週刊文春」に掲載されたのだ。

「文春にスクープ記事が掲載された後、ベッキーは川谷に離婚届の書き方を載せたサイトを紹介していたというのです。また、釈明会見の前日には『逆に堂々とできるキッカケになるかも』(川谷)、『私はそう思ってるよ!』(ベッキー)、『ありがとう文春!』(川谷)、『ありがとう文春!』(ベッキー)とLINEを送りあい、反省の色は微塵もなし。障害が大きいほど燃え上がってしまうのかもしれませんが、その炎で川谷の奥さんも双方の事務所も大きな傷を負ってしまっていることに、何で気付かないのでしょうか」(週刊誌記者)

 芸能人のなかには「ベッキーを信じる」などと擁護して炎上した者も多数。彼らはこの噴飯モノのやり取りを見てもまだベッキーを擁護して、みずから火の海に飛び込むのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・櫻井翔に真っ向勝負!?関ジャニ∞は「苦学生時代」をアピール!
2
有名人家族「骨肉の修羅」全真相(2)安室奈美恵 「親族が実母を惨殺」事件のトラウマ現場
3
石原さとみ危うし?Fカップ「全見せ」解禁で今野杏南が女優として猛追!
4
中村昌也、稲本潤一&田中美保の結婚式出席拒否の「裏事情」暴露で非難殺到
5
フジ「めちゃイケ」、超低迷でも局員が「打ち切りは絶対ない」と言い切る理由