芸能

伝説の生き物から人気子役まで…加藤紗里に付けられたあだ名が面白すぎ!

20160221kato

 お笑い芸人・狩野英孝を巡る二股疑惑で話題の加藤紗里。ネット上ではあっちこっちお直ししているなど、様々な疑惑が持ち上がっている。そんな加藤に付けられたあだ名がとんでもないことになっているようだ。芸能ライターが教えてくれた。

「黒く縁取りしたかのような目元から、ツタンカーメンやラムセス2世など古代エジプト人の名前があがっており、その毒女ぶりから“ファラオの呪い”とさえ呼ばれています。一方で映画『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムという声も。2年前には某艶系女優がゴラム似だと話題になりましたが、この方向性でのお直しには一定の需要があるんでしょうか」

 ほかにも映画「千と千尋の神隠し」のカオナシ似だとか、極め付けの“始祖鳥”に至っては、もはや哺乳類ですらない。その“始祖鳥”でネット検索すると、キーワード候補に加藤紗里と表示されるのも一興だ。

 そんな中、一部ではなぜか「芦田愛菜」という声があるという。顔つきは似ても似つかないはずだが、その理由を前出の芸能ライターが解説する。

「昨年8月に沖縄に行った加藤は、航空券を手にした自撮り画像をインスタグラムで公開。その航空券に印字されている名前が『アシダマナ』と読めるのです」

 これが加藤の本名なのか、それとも友人の航空券なのか。もしくは偽名という可能性もあるが、いずれにせよ疑惑は広がる一方だ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
ゲス極・川谷絵音の衝撃発言で囁かれる「ベッキーのボディはバツグン」説
2
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
3
パソコンに残ったデータを発見!?ベッキーとゲス極・川谷の愛欲LINEの流出元
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”