芸能

伝説の生き物から人気子役まで…加藤紗里に付けられたあだ名が面白すぎ!

20160221kato

 お笑い芸人・狩野英孝を巡る二股疑惑で話題の加藤紗里。ネット上ではあっちこっちお直ししているなど、様々な疑惑が持ち上がっている。そんな加藤に付けられたあだ名がとんでもないことになっているようだ。芸能ライターが教えてくれた。

「黒く縁取りしたかのような目元から、ツタンカーメンやラムセス2世など古代エジプト人の名前があがっており、その毒女ぶりから“ファラオの呪い”とさえ呼ばれています。一方で映画『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムという声も。2年前には某艶系女優がゴラム似だと話題になりましたが、この方向性でのお直しには一定の需要があるんでしょうか」

 ほかにも映画「千と千尋の神隠し」のカオナシ似だとか、極め付けの“始祖鳥”に至っては、もはや哺乳類ですらない。その“始祖鳥”でネット検索すると、キーワード候補に加藤紗里と表示されるのも一興だ。

 そんな中、一部ではなぜか「芦田愛菜」という声があるという。顔つきは似ても似つかないはずだが、その理由を前出の芸能ライターが解説する。

「昨年8月に沖縄に行った加藤は、航空券を手にした自撮り画像をインスタグラムで公開。その航空券に印字されている名前が『アシダマナ』と読めるのです」

 これが加藤の本名なのか、それとも友人の航空券なのか。もしくは偽名という可能性もあるが、いずれにせよ疑惑は広がる一方だ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
3
武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた
4
時の流れは残酷!? B’z・稲葉浩志のトーク顔が「完全にオバチャン」で騒然!
5
映画「銀魂」が37億円突破!「ジョジョ」は大爆死で格差が浮き彫りに