芸能

小林麻央「前入院先」病院の担当医が極秘退職したワケ

20161215n

 市川海老蔵の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(34)。14年10月に乳ガンが発見されて以降、2年以上にわたって闘病生活を送っているが、「前入院先」の関係者からは後悔と自責の声が聞こえてくる。

 麻央の近況について、スポーツ紙記者が明かす。

「10月に入り、自身のブログでは初めて『ステージ4』について言及し、その後、手術を受けたことを公表しました。この手術は根治のためではなく、QOL(=生活の質)を落とさないためのもの。手術は無事に成功し、以前はなかなか外出許可が下りませんでしたが、クリスマスとお正月は家族と一緒に過ごすことができそうです」

 手術を受けたのは都内のA病院。今年の夏に転院して以降、治療に当たっている同病院の医師に対して、

〈先生方が大きな手術にチャレンジして下さったことは、大いに大いに喜んで、心からの感謝をしています〉(ブログより)

 と謝意を示した。その一方で「前入院先」であるB病院では、最近ある医師がひっそりと退職していた。

「麻央さんの担当医の1人で、乳ガン治療のエキスパートであるC医師です。過去には芸能人の乳ガンを寛解させるなど、経験も実績も申し分ない。患者さんの評判もよく、実際、C医師目当てにB病院に通院する患者さんは多かったですね」(病院関係者)

 C医師は患者ひとりひとりと信頼関係を築き、その考えに寄り添う治療をすることで評判だった。

「C医師は、麻央さんの希望もあって、乳房を切除する外科手術に踏み切れませんでした。しかし、その結果、麻央さんのガンは進行していった。『もっと早い段階で強く説得して手術をしておけば‥‥』と後悔をのぞかせていたこともあったようです。病院側から何かしらの圧力があったのか、みずからの意志かはわかりませんが、いずれにしても『責任をとる』と、長年勤めた病院を去ることになったのです。退職後は関東近郊の病院で乳ガン患者の治療と心身のケアに努めています」(前出・病院関係者)

 一昨年の乳ガン発覚時には、すでにワキのリンパ節に転移していたこともあって、1人で責任を背負うC医師を不憫に思うスタッフもいたという。B病院に問い合わせたところ、

「退職した医師については何もお答えできません」

 麻央は11月30日付のブログで、「薬とサプリメントの服薬」を中止したことを明かし、力強くこうつづっていた。

〈一度、仕切り直し!〉(ブログより)

 これまで幾度も転院して“再出発”を図った麻央。彼女の治療に携わった誰もが、早い回復を祈っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
浜崎あゆみ、「新幹線のファーストクラス」移動に鉄道ファンがキョーレツ羨望!
3
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
4
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
5
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由